Go Forward

社会連携

【地域連携】気仙沼市と連携協力に関する協定を締結しました

2019年07月31日
明治大学 地域連携推進センター

 明治大学は7月27日、宮城県気仙沼市との連携協力に関する協定締結しました。

 気仙沼市は、東日本大震災で甚大な被害を受け、明治大学とは2012年5月に「震災復興に関する協定」を締結しました。その後は約7年にわたり、明治大学は、気仙沼市内および大学キャンパスにおいて、気仙沼市の復興に携わってきました。
 同協定が本年5月末に満了したことに伴い、以後の連携について、双方で協議を重ねた結果、このたびの連携協定の締結について合意しました。

 駿河台キャンパス リバティワター23階矢代操ホールで行われた締結式には、土屋恵一郎学長、菅原茂気仙沼市長に加え、竹本田持副学長(社会連携担当)、矢ケ﨑社会連携機構副機構長らが列席し、関係者が見守る中、土屋学長、菅原市長が協定書にそれぞれサインをしました。

 この協定締結により、これまでの「震災復興に関する協定」を発展させ、地域振興や人材育成など、より幅広い分野でのさらなる連携を推進していきます。