Go Forward

社会連携

【地域連携】福島県新地町で学生主体の様々な事業を実施

2019年11月08日
明治大学 社会連携事務室

「遊海しんち」の運営に協力した学生(写真提供:しんちーむ所属学生)「遊海しんち」の運営に協力した学生(写真提供:しんちーむ所属学生)

新地町図書館司書研修参加者新地町図書館司書研修参加者

 社会連携機構は、福島県新地町との連携事業として、8月に町内で行われた行事や新地町図書館での司書研修に延べ約65名の学生を派遣しました。
 新地町は2011年に発生した東日本大震災の被害を受けた地域で、本学とは2012年に震災復興に関する協定を締結、2019年に同協定が満了し、包括的な連携協定に移行しました。このたびの連携事業では、震災後9年ぶりに復活した夏祭り「遊(ゆ)海(かい)しんち」の運営ボランティアや、学生が小学生向けの学習プログラムを企画・実施する特別授業、自然・環境教育を目的とする小学生デイキャンプ(日帰りキャンプ)の開催に協力するため、公認ボランティアサークル「しんちーむ」や「体育会ローバースカウト部」の学生が同町を訪問しました。
 これらの事業は、単なるボランティア派遣プログラムではなく、新地町の担当職員や教育委員会の指導のもと、学生たちが活動を通じて社会性や実践力を養えるよう受入の工夫がなされています。
 また、新地町図書館での司書研修は、明治大学から新地町への依頼事業として実施。司書課程の履修学生を対象に参加者を募集し、5名の学生が5日間の研修で司書の実務を経験しました。滞在中には、図書館の本を利用してクイズの解答を考えてもらう参加者の持込企画「図書館クイズビンゴ」や子供たち向けの読み聞かせ企画を実施し、来館者との交流を深めました。
(社会連携事務室)