Go Forward

社会連携

【地域連携】2019年度「明治大学・成田社会人大学」修了式を挙行

2019年11月21日
明治大学 社会連携事務室

「人間が機械に支配される」など、昨今話題になっているAI危機論についてもAIと人間の特性を比較して解説しました「人間が機械に支配される」など、昨今話題になっているAI危機論についてもAIと人間の特性を比較して解説しました

  明治大学が1997年度から受託する千葉県成田市の生涯学習講座「成田社会人大学」の修了式が11月16日、成田市文化芸術センター・スカイタウンホールで行われ、本学から、竹本田持副学長(社会連携担当)ら関係者が出席。2019年度に開講した国際社会課程、教養文化課程、ライフマネジメント課程の修了者全113名に修了証書が授与されました。
 当日は修了式特別行事として、石川幹人情報コミュニケーション学部教授/大学院長が、「AI(人口知能)の判断はどこまで信用できるか~健康食品のおすすめAIを例にして~」をテーマに講演。前半は、近年、第3次ブームを迎えるAIの進化の過程と今後の課題について取り上げ、AIと人間がもつそれぞれの適性を比較しながら解説しました。後半は、受講生の身近な話題としてサプリメントの効果やデメリット、メディアにあふれる疑似科学広告等について取り上げ、サプリメントビジネスと未来のAIに関する展望を話しました。