Go Forward

社会連携

【リバティアカデミー】リバティアカデミー 20周年記念公開講座「国宝・『漢委奴國王』金印真贋論争を終結する!」を開催

2019年10月11日
明治大学 社会連携事務室

多数の写真や資料を投影し、わかりやすく解説を行った石川教授多数の写真や資料を投影し、わかりやすく解説を行った石川教授

自らの学問観と受講生への謝意を述べる大塚名誉教授自らの学問観と受講生への謝意を述べる大塚名誉教授

明治大学の生涯学習機関リバティアカデミーは、10月5日、2019年秋期公開講座「国宝・『漢委奴國王』金印真贋論争を終結する!」を開催した。これは、リバティアカデミー20周年を記念したオープン講座第1弾で、今回は江戸時代以来贋作説がある国宝・漢委奴國王金印について石川日出志文学部教授がその論争について講義を行った。

講座の冒頭では、リバティアカデミー長の大友純商学部教授、およびリバティアカデミー創設から講座を担当した大塚初重名誉教授が20年間を振り返った。大塚名誉教授は、「学問や研究は止まることなく日々変化していて、だからこそ最先端で努力し続けることを忘れてはならない。そういった中で今まで多くの方が本学に来て、われわれの研究成果を聞いてくださったことは大変感動的でありがたいこと」と、自らの学問観とこれまでの受講生に感謝の意を述べた。

続く講演では、石川教授が登壇し、国宝・漢委奴國王金印について、これまでの論争の経緯と現在の見解について解説した。石川教授は、「今日は漢委奴國王金印が本物である根拠をいくつも提示しますが、疑いながら聞いてください。そして本物か偽物なのか、ぜひご自身でご判断ください」と客席に投げかけながら、スライドを約80枚使用し金印が本物であるということを尺度、金属組成、鈕形、字形の観点から結論付けた。定員800名の会場は満席となり、ユーモアを交えた石川教授の解説に受講者は大いに沸き立った。

リバティアカデミーは、本講座を皮切りに今後も創設20周年を記念した特別講座を多数開設する予定。
お問い合わせ先

社会連携事務室