Go Forward

社会連携

【地域連携】山形県天童市で地域連携事業を実施

2019年12月24日
明治大学 社会連携事務室

竹本副学長による講演竹本副学長による講演

鳥居教授からの中学生へのメッセージ鳥居教授からの中学生へのメッセージ

明治大学は山形県天童市との連携事業として、11月23日に同市で実施された「天童市生涯学習フェスティバル」に、竹本田持副学長(社会連携担当、農学部教授)と鳥居高地域連携推進センター長(商学部教授)が出席しました。

 開会行事では、品行正しく学業優秀で、部活動等において顕著な活躍をした中学生に贈られる「宮城浩蔵賞」受賞者の表彰が行われ、竹本副学長から祝辞とともに記念品が手渡されました。受賞者は、支えていただいた方々への感謝と将来の活躍に向けた決意をそれぞれ壇上でスピーチし,鳥居地域連携推進センター長から「充実した学校生活を過ごしこれからの未来を拓いてください」と期待のメッセージがおくられました。

 続いて実施された記念講演では、竹本副学長がよりよい地域づくりに向けて「らせん状の地域づくり~地域間交流と地域内活性化~」をテーマに登壇。会場には多くの市民が集まり、全国の事例を交えて語られる具体的な話に最後まで熱心に耳を傾けていました。
山本信治天童市長からは、本学と天童市の連携が一層深まることへの期待が述べられ、これからの連携事業に関心が寄せられるフェスティバルとなりました。