Go Forward

社会連携

【リバティアカデミー】オンライン無料講座「ローカルアクションの実践者と語る『SDGs×地域づくり』」開講のお知らせ

開催期間:2020年12月04日
明治大学

リバティアカデミーでは、2020年11月から12月にかけて「オンライン無料オープン講座」を実施いたします。
第二弾は、12月4日開催の「ローカルアクションの実践者と語る『SDGs×地域づくり』」です。
 
■日時
12月4日(金)19:00~20:30
※11月2日(月)13:00から受付を開始します。
 
■講師
・源 由理子(明治大学社会連携機構長・明治大学ガバナンス研究科教授)
・指出 一正(『ソトコト』編集長)
・髙木 超(SDGs-SWY共同代表/国連大学サステイナビリティ高等研究所いしかわ・かなざわオペレーティングユニット リサーチ・アソシエイト)
 
■講座趣旨
「持続可能な開発目標(SDGs)」は、達成期限の2030年まで残すところ10年となりました。その間、SDGsは政府だけでなく、民間企業や自治体にも広がりを見せています。このSDGs達成に向けた行動につなげるためには、目標17にある多様な主体のパートナーシップを軸に、地域の未来に関心を持つ人々が力をあわせて取り組んでいくことが必要です。本講座では全国の地域づくりの取り組みに精通している指出一正氏(「ソトコト」編集長)と、自治体におけるSDGsの活用を研究する高木超氏(SDGs-SWY共同代表)を迎え、身近な地域づくりの現場でSDGsを取り入れている実践例の紹介や、SDGsに貢献するパートナーシップのあり方について、参加者とともに考えます。
 
■詳細はこちら