Go Forward

社会連携機構

明治大学と社会を繋ぐ智の架け橋

明治大学では、教育研究にならぶ第三の使命として社会連携、社会貢献に取り組んでいます。社会連携機構は、この使命を担う組織として、2010年10月に設置されました。 リバティアカデミーによる生涯学習の推進や、地域連携推進センターにおいて創立者出身地やキャンパス所在地をはじめとした地域との連携充実をはかり、文化・産業等の振興や人材育成に資する様々な事業を展開しています。

ニュース

社会連携機構について

社会連携機構の役割と、そのもとに置かれるリバティアカデミーならびに地域連携推進センターの活動概要を紹介します。

全国の自治体や団体等から明治大学に寄せられた補助金事業や公募事業に関する情報を掲載しています。

リバティアカデミー(生涯学習・社会人教育)

「教養・文化」、「資格・実務・語学」、「ビジネス」の3分野を中心に年間約400講座を開講する生涯学習機関です。 企業の人材育成ニーズに応える「オーダーメイド型研修」や「法人会員向けの優待制度」、女性のキャリアアップや仕事復帰を支援する「女性のためのスマートキャリアプログラム」(文部科学大臣認定「職業実践力プログラム」採択)など、現役世代の学び直しを推進する取り組みにも力を入れています。

創立者出身地(鳥取県、同県鳥取市、山形県天童市、福井県鯖江市)やキャンパス所在自治体をはじめ、全国各地の自治体等と連携して、地域住民を対象とした生涯学習講座や学生による地域振興活動等を実施・推進しています。 また、地域の旬の話題を学術的な視点から取り上げるリバティアカデミー自治体連携講座、ホームカミングデーでの物産展等、明治大学で地域の魅力を発信する事業にも取り組んでいます。

お問い合わせ先

社会連携事務室

駿河台キャンパス
〒101-8301
東京都千代田区神田駿河台1-1
アカデミーコモン11階 

リバティアカデミー担当
TEL 03-3296-4543 FAX 03-3296-4541

地域連携担当
TEL 03-3296-4539 FAX 03-3296-4541