1.教育の重点施策

1.全学の重点施策

(1) 全学的な教養教育、国際教育、学際教育プログラムの整備と実践
 従来の学部縦割り教育に加えて、基礎的学習能力、幅広く深い教養、国際化対応力、総合的人間力を育むため、全学的な教養教育、国際教育、学際教育のあり方を検討した上でプログラムを整備し、実践していきます。また、大学院においても研究科間の連携を図り、学際研究に対応できる人材を育成します。
(2) 社会人に対するリカレント教育、専門職教育の推進
 今後増大するリカレント教育、専門職育成の社会的ニーズに対応するために、各学部・大学院で社会人に広く教育機会を提供します。特に法科大学院、専門職大学院では、高度職業倫理に裏打ちされたプロフェッショナル教育プログラムの高度化を図ります。
(3) ICTの戦略的活用によるユビキタスカレッジの拡充と実践
 授業におけるメディアの活用に加えて、ICT(Information and Communication Technology)を応用した遠隔地への非同期の教育プログラムを拡充していきます。
(4) 教育の質の保証・向上を図るための仕組みと手法の構築と実践
 授業やカリキュラムの見直しと充実化、ファカルティ・ディベロップメント(FD)の推進、ティーチング・ポートフォリオ、ラーニング・ポートフォリオの利用などを通して教育の質の保証・向上を図るための仕組み、手法を構築し、実践していきます。
(5) 計画的な教育環境の整備
 各学部・大学院における少人数教育・ゼミ教育の充実化や、新学部・新研究科の設置により、開講科目数が年々増大しているため、規模と教育の質の保証の両面から、教室などの施設や教育環境の整備を計画的に推進します。
 

2.各キャンパスの重点施策

駿河台キャンパス

(1) 教育環境の改善による専門教育の充実
 リバティタワーにおける教室活用のあり方の改善や新教育棟の建設によって、2年次からの教育を実現し、基礎教育・専門教育の間の有機的な結びつきを強めます。
 また、学部、資格課程、大学院、法科大学院、専門職大学院、国家試験指導センターが連携し、さらにアカデミーコモン内の諸施設、新設される研究ラボタワー(仮称)を活用することで、理系分野も含めた研究者・高度専門職業人養成のためのシステムの充実を図ります。
 

和泉キャンパス

(1) 教養教育プログラムの開発と実践
 従来の学部縦割り教育に加え、基礎的学習能力、幅広く深い教養、国際化に対応できるような多様な価値観の理解力や外国語能力および総合的な人間力などを育成する学部横断的な教育が重要です。そのためのプログラムを、各学部と協議(国内他大学や海外の大学とも連携)して構築・実施します。これらの教育を補完するために、学習支援をさらに拡充します。
(2) 留学生および海外留学・研修のための相談・支援および基礎教育プログラム
 国際連携機構との検討の上で、国際教育センター支部を和泉キャンパスに置き、留学生受入れ、学生の海外派遣およびそれらの相談・支援のためのハブ機関とします。また、和泉キャンパスに、本学への入学を希望する外国人を対象とした日本語教育センターを設置します。さらに、海外への留学・研修を希望する本学学生のために、留学・研修に直接役立つ、外国語会話科目や異文化コミュニケーション等の科目を拡充します。
(3) 収容学生数の適正化
 他キャンパスのグランドデザインを視野に入れながら、特定学部の他キャンパスへの移転や2年次の駿河台キャンパスへの移転等の適切なキャンパス再編を推し進め、収容学生数の適正化を図ります。
 

生田キャンパス

  1. 専任および兼任・客員・特任教員の増員、助教制度の活用、構成学科・学生定員の調整を行います。
  2. 高度な情報化に対応できる学習環境の整備を行います。
  3. 学科間の相互履修をより促進し、学際型、文理連携型の教育を進めます。

中野キャンパス

 学部・大学院は、多くの留学生を引きつけるために質の高い教育プログラムやカリキュラムを開発します。さらに、文理連携教育、先端研究の学部・大学院教育への還元を実現するために学部・大学院・研究機関間で協議を行います。

上へ戻る

明治大学 MEIJIUNIVERSITY

© Meiji University,All rights reserved.