2.研究の重点施策

1.全学の重点施策

(1) 世界的研究拠点形成のための仕組みの整備
 世界的研究拠点を増大していくために、研究成果や科学研究費補助金など競争的研究費の獲得状況に基づき、研究グループに対して選択的重点支援を行います。それらを研究クラスターとして組織化し、プロジェクト型研究を推進するために、研究者採用、研究スペースの提供および資金等の面で支援します。
(2) 計画的な研究環境の整備
 世界的な研究レベルを確保するために、駿河台キャンパスの研究ラボタワー(仮称)、生田キャンパスの先端科学技術研究センター(仮称)などにおいて研究スペースの拡大と研究施設の整備を計画的に進めます。
(3) 外部資金獲得支援の整備・強化
 科学研究費補助金をはじめとする外部研究助成資金の獲得を支援する機能(関連情報の共有と提供、申請書作成支援等)を整備し、強化します。
(4) 産官学連携の推進
 研究成果の社会還元を果たすために、社会的課題や産業界のニーズに対応するための学際研究を産官学の連携により推進します。
(5) グローバルイシューに対する政策研究拠点の設置と推進
 国際社会が協調して取り組むべき課題に対し、国際政策研究所(仮称)を設置し、世界的な研究者を招聘し、グローバルな課題に対する学際的な政策研究を推進します。
 

2.各キャンパスの重点施策

駿河台キャンパス

(1) 学内外の競争的研究・教育資金の獲得
 文部科学省等のCOEプログラムや大学教育改革支援プログラム(GP)、科学研究費補助金、委託研究など学内外の競争的研究・教育資金を積極的に獲得することによって、プロジェクト型の研究を推進します。研究連携の拠点となるために、研究ラボタワー(仮称)等にプロジェクトのための十分な研究スペースを確保します。
(2) 研究ラボタワー(仮称)における大学院の研究・教育との有機的統合
 研究ラボタワー(仮称)において、大学院博士前期・後期課程の研究・教育を学内外の競争的研究・教育資金に基づくプロジェクトと有機的に統合することによって、教員や研究員、大学院学生の研究力を強化し、本学の研究発信力を高めます。
 

和泉キャンパス

 研究領域が広範囲におよぶ教員を活かした文理融合型の学際・総合的な研究および教養教育研究を推進するために、研究拠点を整備します。その中に、個人研究室や共同研究ラボに加え、科学研究費補助金やグローバルCOE等の公的な研究助成や民間の研究助成の申請を支援する研究支援センターを設置します。
 

生田キャンパス

  1. 自然科学の研究実験や実習には大型かつ多様な装置等の使用が不可欠です。研究スペースの拡大を図るとともに弾力的な利用を行います。
  2. 大学院研究スペースを併設した「先端科学技術研究センター(仮称)」の設置を図ります。
  3. 熟練した技術者や助教と大学院生を研究組織として整備します。

中野キャンパス

(1) 研究・知財戦略機構による先端研究戦略の作成
  1. 基盤研究の底上げするために、科学研究費補助金申請を前提とした若手研究などへの研究費配分を増加します。
  2. 先端研究の候補になるような研究を育成するために、クラスターの公募やそれへの支援(研究スペースや資金)を行います。
  3. 実績のある研究を選択し、それへの重点的な支援(研究スペースや資金)を行います。
  4. 他の大学や研究機関との共同研究を促進します。

上へ戻る

明治大学 MEIJIUNIVERSITY

© Meiji University,All rights reserved.