明治大学
English Korea Chinese 交通アクセス お問い合わせ サイトマップ
  明治大学TOP > 東京国際マンガ図書館 > 米沢嘉博記念図書館TOP > 展示・イベント > おきあがりこぼしプロジェクト 明治大学展 100人超のマンガ家による かわいい社会支援
 
米沢嘉博記念図書館TOPへ



※本展のおきあがりこぼしには、世界の平和を願い広島の折り鶴再生紙を使用しています。
チラシ ダウンロード
→表面(772KB)
→裏面(1.6MB)
主催:
 公益社団法人 日本漫画家協会
 明治大学 米沢嘉博記念図書館

監修:小田切博

企画・協力:
 起き上がりこぼしプロジェクト

協力:
 シヤチハタ株式会社
 野沢民芸品製作企業組合
 明治大学 中央図書館

後援:
 ウクライナ国立チェルノブイリ博物館
 在日ウクライナ大使館
 ウクライナ・スラブチチ市
 長崎市
 広島市

展示概要
マンガ家によって制作されたおきあがりこぼしの展示を中心に、「おきあがりこぼしプロジェクト」の足跡、震災へのマンガ家の社会貢献について紹介します。
お問い合わせ:
明治大学 米沢嘉博記念図書館
東京都千代田区神田猿楽町1-7-1
TEL 03-3296-4554

■会場:米沢嘉博記念図書館1階展示室
■期間:2018年2月9日[金]〜5月20日[日]
※火・水・木曜日は休館(祝日の場合は開館)
※特別整理などで休館する場合があります。
 当館HPで確認、または開館日時に電話にてお問い合わせください。

おきあがりこぼしプロジェクト
 2011年3月11日に起きた東日本大震災によって、日本社会は大きな被害を受けた。本展示が扱う「おきあがりこぼしプロジェクト」はフランスの在留邦人による復興支援活動からはじまったムーブメントである。2013年にファッションデザイナー、高田賢三の呼びかけでフランスの著名人(アラン・ドロン、ジャン・レノなど)に福島県の伝統的な民芸品である「おきあがりこぼし」に絵付けをおこなってもらい、この活動を通じて震災や事故に揺れる現地への理解や共感をフランス社会に求める運動としてはじまったものだ。活動が話題を呼び、フランス国内やスペインなどで巡回した。

 巡回の中、2014年から加わったのが、本展示のメインとなる日本漫画家協会所属作家による「まんがこぼし」である。日本産のポップカルチャーとして抜群の知名度を持つ「マンガ」と東北の民芸品の組み合わせはこのプロジェクトがその後イタリアやウクライナへ広がっていく中でヨーロッパの人々に大きな共感の渦を巻き起こす原動力のひとつになってきた。

日本漫画家協会 
 日本漫画家協会は、1964年に任意団体として設立された、現在活動中の団体の中ではもっとも古い歴史を持つマンガ家の職業団体である。1985年に社団法人化、2014年4月には公益社団法人として認可を受けた。2017年現在、所属会員数は1200名を超え、もっとも大規模なマンガ家の団体として社会的に活動している。主な活動としてマンガ家への健康保険等の社会保障制度の案内、各種マンガ展の主催、協力、日本漫画家協会賞の主催、所蔵資料の調査、電子化などがある。

公式サイト
展示品
本展示では、日本のマンガ家による作品を中心に、
著名人によるもの、各国の市井の人々によるもの、本展示に描き下ろされたものなど、
計160体を超える「おきあがりこぼし」を紹介します。



画像左上から、山根青鬼、ビッグ錠、西田淑子、矢野徳、
里中満智子、森田拳次、ちばてつや、ウノ・カマキリ、植田まさし、
永野のりこ、やの功、バロン吉元、花村えい子

・著名人によるおきあがりこぼし
 プロジェクトのスタートとなった高田賢三をはじめ、
 著名人による作品を複数展示します。

・会場にてマンガ家による絵付け実演
 詳細は随時お知らせします。

・「よみがえりこぼし」
 マンガの神様(?)が絵付けしたこぼしも展示します。

・マンガ家描き下ろしイラストスタンプ
 本展示限定のイラストスタンプです。
 会期中に随時追加予定。

松本零士による絵付けの様子

2階閲覧室にて出展作家、社会貢献の書籍等を並べた
関連書籍コーナーを設けております。
関連イベント
(1):マンガ家の社会貢献としてのおきあがりこぼしプロジェクト
出演:
 ちばてつや(マンガ家、日本漫画家協会理事長)
 森田拳次(マンガ家、日本漫画家協会常務理事)
日時:2018年3月11日(日)16:00-17:30
場所:明治大学 リバティタワー9階1096教室
料金:無料

内容
 今回のおきあがりこぼしプロジェクトなどをはじめ、大きな天災や人災があったとき、マンガ家が社会活動をすることの意義。マンガ家らしい国際交流とは何か。それは作品にどう還元されていくのかなどについて、たくさんの社会活動にかかわっていらしたちばてつや先生、森田拳次先生にお話しいただきます。海外のプロジェクトなかまとスカイプでの交流も。
(2)ウクライナ「マンガこぼし」顛末記
出演:
 一本木蛮(マンガ家、日本漫画家協会理事)
 倉田よしみ(マンガ家、日本漫画家協会理事)
 永野のりこ(マンガ家、日本漫画家協会理事)
日時:2018年4月7日(土)16:00-17:30
場所:米沢嘉博記念図書館 2階閲覧室
料金:無料※会員登録料金(1日会員300円〜)が別途必要です。

内容
 おきあがりこぼしプロジェクト ウクライナ展に参加したマンガ家3名に、ウクライナでのこのプロジェクトの受け入れられ方、そこから感じた思い、このプロジェクトの成しえたことなどをお話しいただきます。

※両イベントとも、会場が込み合う場合はご入場いただけないことがございます。ご了承ください。
明治大学中央図書館にて出張展示開催
明治大学リバティタワー内の中央図書館にて、おきあがりこぼしの実物とそれに関連した書籍を展示します。

日時:3月21日〜4月25日(3月30日は除く)、中央図書館開館時間中
料金:無料
おきあがりこぼしプロジェクト フェイスブック
本展示以前のおきあがりこぼしプロジェクトの様子はこちら
駿河台キャンパス 〒101-8301 東京都千代田区神田駿河台1-1(代)03-3296-4545
和泉キャンパス 〒168-8555 東京都杉並区永福1-9-1(代)03-5300-1121
生田キャンパス 〒214-8571 神奈川県川崎市多摩区東三田1-1-1(代)TEL 044-934-7171
更新ページ一覧プライバシーポリシーこのサイトについて
© Meiji University,All rights reserved.