1.2020年に果たすべき役割

 21世紀に入って以来、世界は混沌とした中で未来像が描けない状況が続いています。2020年には、社会、経済のグローバル化は今日にも増して一層進展することが想定されます。そして、グローバル化により世界が繋がる中で多様な価値がぶつかりあい、さまざまな領域で複雑性、不確実性が高まるでしょう。
 このような流れに加え、今日、モノ、貨幣を基盤とした工業社会から知識基盤社会にシフトしており、知識・情報・技術は今後ますます重要となります。政治・経済・文化などあらゆる領域において知識を獲得・活用・創出し、価値体系を再構築していくことが、豊かな社会を構築するための鍵となります。

 このような世界において、重要となるのは自立した強い「個」と、そのような「個」が協働し知や価値を創造することです。
 そのために明治大学は、「教育」においては、建学の精神である「権利自由、独立自治」のもと、「個」を強くし、多様な環境の中でも高度な専門的能力を発揮できる人材、多様な環境の中でもリーダーシップにより「個」を繋ぎ変革を推進できる人材を育成します。
 また、「研究」においては、強い「個」とその連携により、専門領域において世界水準の研究成果を創造し、また学際的な研究により社会的な課題に対応します。
 そして、このような知の創造と人材の育成を通じ、さらに社会連携を推進することにより、自由で平和、豊かな社会を実現します。
 



上へ戻る

明治大学 MEIJIUNIVERSITY

© Meiji University,All rights reserved.