【開催報告】 明治大学で欧州留学フェアが開催されました

2012年05月25日
明治大学 国際連携事務室

ご挨拶されるシュバイスグート駐日欧州連合大使(写真左)と板東文科省高等教育局長ご挨拶されるシュバイスグート駐日欧州連合大使(写真左)と板東文科省高等教育局長

参加大学のプレゼンテーション参加大学のプレゼンテーション

マセ駐日フランス大使(中央右)も会場を視察マセ駐日フランス大使(中央右)も会場を視察

各校のブースで熱心に説明を聞く学生各校のブースで熱心に説明を聞く学生

5月10日,11日に,明治大学駿河台キャンパス・アカデミーコモン2階で,駐日欧州連合代表部主催,ブリティッシュ・カウンシル,フランス政府留学局(キャンパスフランス),DAAD(ドイツ学術振興会),および明治大学等が共催の「欧州留学フェア2012」が開催されました(関西では翌12日,神戸大学で開催)。
 本留学フェアには,欧州各国から50の高等教育機関および関連機関が参加し,学生への直接対話とともに,各国の留学事情,奨学金情報,大学紹介のプレゼンテーションも別室でなされ,立ち見がでるほどの盛況となりました。また,参加大学と日本の大学とはさらなる学術交流についてバイラテラルに議論する場も設けられました。

 欧州連合が日本で初めて開催した留学フェアということもあり,2日間でおよそ900名が来場し,大いに盛り上がりました。開催初日には,駐日欧州連合代表部主催でレセプションが開催され,ハンス・ディートマール・シュバイスグート駐日欧州連合大使,ゲストとして,板東久美子文部科学省高等教育局長がご挨拶と乾杯を行い,本学からは勝悦子副学長(国際交流担当)が歓迎の言葉を述べました。シュバイスグート大使は,これほどまでの大規模な欧州留学フェアは今まで日本にはなかったこと,学生交流により,日本と欧州の相互理解が進むことに期待が寄せらせました。板東局長からは,学生が内向きになると言われるなか,グローバル人材育成には,こうしたフェアが非常に重要であるとの指摘がありました。 2日目の5月11日には,クリスチャン・マセ駐日フランス大使,およびフランス文化センター理事長,グザビエ・ダルコス氏(元フランス国民教育大臣)も来訪し,フェアの見学および学生たちとの交流も行われました。

 国際連携本部では,海外留学促進を後押しすべく,こうした活動にも今後も積極的に取り組んでまいります。
 

この記事に関連するページ

「国際連携・留学 ニュース一覧 2012年度」へ戻る

上へ戻る

明治大学 MEIJIUNIVERSITY

© Meiji University,All rights reserved.