「グローバル人材育成シンポジウム~企業が求める人材:グローバル人材育成と海外留学・研修~」を開催しました

2016年10月19日
明治大学 国際教育事務室

トークセッション(1)の様子トークセッション(1)の様子

トークセッション(2)の様子トークセッション(2)の様子

2016年10月12日(水),駿河台キャンパス・グローバルホールにて,「グローバル人材育成シンポジウム~企業が求める人材:グローバル人材育成と海外留学・研修~」(共催:内閣府認証NPO留学協会,明治大学国際連携本部)を開催しました。

本シンポジウムでは,学生のみなさんの海外留学意識の醸成を図り,「グローバル人材」とはどのようなものであるかを考える機会とすることを目的として,日本を代表する有力企業の人事担当者の方々や,官民協働で始まった国家プロジェクト「トビタテ!留学 JAPAN」のプロジェクトディレクターなど,様々な分野で活躍する方々によるトークセッションを行ました。

トークセッション(1)では,文部科学省「トビタテ!留学 JAPAN」のプロジェクトディレクター・船橋力氏とNPO留学協会副理事長・豊田圭一氏による対談を行い,若いうちに世界に飛び出してアウェイ体験をすることの重要性や,自ら切り開く力がこれから必要であることなど,ご自身の経験を踏まえ貴重なお話をしていただきました。
対談の後,実際に「トビタテ!留学JAPAN」で海外留学を経験した学生2名から体験談をお話しいただきました。

トークセッション(2)では,「企業が求める人材と海外留学に期待すること」をテーマに,大六野耕作副学長(国際交流担当)をはじめ,富士通株式会社人事本部人材採用センター長山本幸史氏,株式会社日立製作所人事教育総務センター採用グループ松井理人氏,船橋力氏の4名によるトークセッションを行い,「‘グローバル人材’とはどのような人材か」,また「就職活動と海外留学の両立」などといった,大学生が実際に感じている課題に関して熱い意見を交わしてしていただきました。

当日は,本学学生,高校生,他大学生,社会人等を含め,総勢130名が参加し,世界に飛び出すことの重要性について再認識し,非常に刺激を受けた時間となりました。

「国際連携・留学 ニュース一覧 2016年度」へ戻る

上へ戻る

明治大学 MEIJIUNIVERSITY

© Meiji University,All rights reserved.