KAKEHASHI Projectで学生10名がアメリカに派遣されました

2019年01月08日
明治大学 国際連携事務室

外務省が推進する対日理解促進プログラム”KAKEHASHI Project”で、6学部から選ばれた学生10名が、2018年12月9日~12月16日の日程で、アメリカ・サンフランシスコに派遣されました。本事業は北米地域における対日理解の促進を目的としており、現地で日本の魅力を発信し、その活動経験を日本国内外で広めることが主なミッションとなります。なお、今回は電気通信大学の学生11名との合同派遣です。

在サンフランシスコ日本国総領事館の井龍主席領事から、総領事館とサンフランシスコについてプレゼンテーションしていただき、本プログラムはスタートしました。

日本の魅力発信としては、現地で学生は2グループに分かれ、「Pop Culture」「趣/Omomuki」について、George Washington High Schoolで英語によるプレゼンテーションを実施しました。年齢やバックグラウンドが異なる約30名の聴衆が集まる中、学生は授業や事前学習等で培った英語力及びプレゼンテーション力を発揮し、各プレゼンテーションを大成功に収めました。
San Jose State Universityでは、日米の大学の違いについて理解を深めると共に、それぞれの専攻分野や大学生活等について現地学生と意見交換をし、今後の学生生活における視野を広げる経験となりました。

プログラム中、MUFG Union Bank、TOTO America、Liquid Robotics(以上、訪問順)に企業訪問させていただき、日米におけるビジネスの相違や日本との関係、海外留学、キャリアパス、シリコンバレーの特異性等について、幅広くご講演いただきました。Military Intelligence Serviceでは、サンフランシスコにおける日系アメリカ人の歴史について詳細に説明していただいた後、Japan Town Tourのフィールドワークでその歴史を肌で感じることが出来ました。いずれの訪問でも学生から積極的な発言があり、とても有意義な時間となりました。

派遣学生は帰国後の活動も義務付けられており、今後、それぞれのグループで策定した計画”アクション・プラン”を実施していきます。派遣中の活動の様子及び今後の活動は、以下のページで情報発信されますので、是非ご注目下さい。
◆Facebook
https://www.facebook.com/Meiji.Kakehashi/
◆Instagram
https://www.instagram.com/kakehashimeiji/

末尾になりましたが、今回の訪問にご協力いただきました全ての関係者の方々に、心より感謝申し上げます。

@George Washington High School@George Washington High School

問い合わせ先

明治大学 国際連携事務室 KAKEHASHI Project担当
Tel:03-3296-4490
Email:kakehashi@meiji.ac.jp

「国際連携・留学 ニュース一覧 2018年度」へ戻る

上へ戻る

明治大学 MEIJIUNIVERSITY

© Meiji University,All rights reserved.