農学研究科 カリキュラム概要

農芸化学専攻

 農芸化学専攻では、生物や環境の構造と機能および物質変化(代謝・生態)の本質的解明を人間生活に応用することを目指しています。特に食品化学、微生物科学、栄養科学、環境科学などの分野で多面的な研究を行っています。

農学専攻

 農学専攻では、有用動植物資源(農作物、園芸作物、家畜など)の持続的かつ効率的な生産と利用に資するよう、生物・化学・物理・数学的手法を駆使して問題の発見とその解決を図るための基礎研究ならびに応用研究に関する科目を幅広く配置しています。また、それらを生産するための水・土壌環境の最適制御や、人間と自然の共生を可能にする環境の構築に関する科目も配置し、食料と環境を総合的に捉える能力を身に付けることが出来ます。

農業経済学専攻

 農業経済学専攻では、日本の食料の生産・流通・加工・消費の経済的側面の理論的実証的研究、先進国と途上国の農業・食料事情等の研究に加え、農業・農村の多面的機能(食料供給、国土保全など)に関する研究を進めています。

生命科学専攻

 生命科学専攻では、農学の革新的な発展に不可欠な生命科学の基礎研究の展開を目指し、栄養科学、生体機構と遺伝情報の制御、分子生物学、発生工学、細胞工学、タンパク質工学などの分野で基礎と実用が融合した研究を進めています。

カリキュラム体系図

上へ戻る

明治大学 MEIJIUNIVERSITY

© Meiji University,All rights reserved.