駿風

学生の頃、ある先生から海外滞在中の研究や生活のお話を伺ったことがある。誰かがいつ頃のことかと尋ねたところ、「う~ん、15年ぐらい前のことかな」とお答えになった。私は数年以内の話かと思っていたので、随分前の話だなと内心思ったものである。

しかし、最近学生と話しているとき、ふと気がつくと自分も相当前の話を平気でしているのに驚くことがある。頭の中の年数経過がジェット機並になっているのである。動作も自分が若いときに見ていた年配者のそれに近づいているようだ。頭の中に描く自分の姿は、10~15年ぐらい前のものであり、写真や映像で見たものは本当の自分の姿ではないと思いたくなっている。

さらに、頑固で怒りっぽくなり、学生の話し方や話の内容を聞いていると、時々無性に腹が立つことがあるなど非常に深刻な症状が出てきており、このままでは非常にまずいと考えている。常日頃少しは話のわかる大人でありたいと願っている。幸い周囲には訓練相手になりそうな学生がたくさんいるので、成果を目指して頑張ろうと思う。

上へ戻る

明治大学 MEIJIUNIVERSITY

© Meiji University,All rights reserved.