駿風

教務主任を仰せつかって1年半以上が経過した。教務主任の仕事といえば、教務に関する業務はもとより、入試、父母会関連に至るまで多岐にわたる。しかも、ときに微妙な判断を要求される業務を、的確かつ迅速にこなさねばならない。したがって、このお話を頂戴した際には、そのような仕事が果たして自分に務まるものか、戦々恐々とした。

いざ仕事が始まると、やはりその懸念は的中した。月に2度の頻度で行われる全学の教務部委員会に出席して出合うのは、初めて聞くような意味不明の言葉ばかりであった。しかし、学部を代表してこの会議に出席している訳であるから、粗相があってはならない。それゆえ、久しぶりに受験生に戻った気分で、とにかくノートを取り、分からないことは教務主任の先輩諸氏や事務室のエキスパートに何度も質問した。このようなありさまで何とか今日までやってきたが、ふと気付くと、任期はあと半年を切った。もうすぐこの仕事から解放されるという待ち遠しさも当然あるが、そうなったときに恐らく訪れるであろう物足りなさを想像すると、少々複雑な気分になる。


上へ戻る

明治大学 MEIJIUNIVERSITY

© Meiji University,All rights reserved.