ズームアップ 第556回「結束を固め甲子園へチームを引っ張る主将」

アメリカンフットボール部 杉山 将太

左が本人

「春の課題であったスタートっていうのが正直、改善できたかといわれるとできてない」。春季オープン戦を終えて杉山将太主将(文4=日大三)は、前半の戦い方の弱さを指摘した。関西の強豪・関西学院大との定期戦では前半に17失点。前半に長短のパスとランを織り交ぜてくる相手を抑えることができなかった。だが、後半に入ると守備が安定し、格上相手に一時逆転するなど好ゲームを演じた。最終戦の専大戦でも1TDに抑えたが、ロングパス、ロングランと一瞬の隙を突かれた形でピンチをつくるなど課題は完全に修正されていない。だが「ディフェンスとしては雰囲気が良く、止まる時はしっかり止まるので信頼関係が築けてきた」と、ディフェンスチーム全体の連携向上に手応えは感じている。

日本一への戦いが始まる。明大は1985年以来甲子園ボウル出場から遠ざかっている。さらに、1部リーグが並列制から縦列制に変更されてからは下位に甘んじている。31年ぶりの関東制覇へは「誰かのためにやるのは当たり前であってそういう信頼関係が大事」とチームの結束を大事にする杉山。強豪ひしめく関東TOP8を勝ち抜き、明大悲願の日本一へ。杉山を中心とした新生明大グリフィンズが勝負の秋を戦い抜く。
(すぎやま・しょうた 文4 日大三 172cm・82kg)

文・写真/常光 純弘(法3)

この記事に関連するページ

上へ戻る

明治大学 MEIJIUNIVERSITY

© Meiji University,All rights reserved.