ズームアップ 第573回「39年ぶり女子部員 初インカレで2冠」

スキー部 丸山 希



雪山に新しい風が吹いた。昨年、スキー部に39年ぶりの女子部員・丸山希(政経1=長野県公立飯山)が入部した。丸山は今年のインカレで女子2部のスペシャルジャンプ、オープン種目となったノルディックコンバインドで2冠。日本を背負う女子ジャンパーが、明治でさらなる飛躍を目指す。

時速70kmを超える助走から、高く舞い上がり、美しく雪面に着地した。悪天候により開始時間が大幅に延長された女子2部のスペシャルジャンプ。スタートは19時近く。ライトに照らされながら行われた。丸山は最終滑走。はるばるやって来た応援団の大声援を背に、力が入った。「気合が入りすぎた」。練習では55mのK点超えもあったが、結果は41.5m。それでも距離点、飛型点ともにトップで、堂々の優勝となった。翌日の女子ノルディックコンバインドでもジャンプで首位に立ち、続くクロスカントリーで余裕を持ってフィニッシュ。普段は日本を代表し世界で戦う丸山。格の違いを見せ、すんなりと2冠を果たした。

明治の女子ジャンプを強くする。「自分が育ってきたこの野沢温泉で、女子選手がすごく増えている。その子たちが来るまでに、明治を1部に上げられるように頑張りたい」。地元・野沢温泉で行われた今年のインカレ。後輩女子ジャンパーたちの活躍する場をつくるために、そして応援してくれる地元に恩返しをするためにも、明治を強くしようと誓った。平昌五輪を終えた2018年。突如現れたニューヒロインが、スキー部に新たな歴史をつくり始めた。
(まるやま・のぞみ 政経1 長野県公立飯山 161cm)

文/日野空斗(情コミ2)写真/坂田和徳(商1)

この記事に関連するページ

上へ戻る

明治大学 MEIJIUNIVERSITY

© Meiji University,All rights reserved.