明治大学体育会サッカー部の3選手がJリーグに加入内定

2016年11月29日
明治大学 広報課

左から河面選手・小出選手・道渕選手左から河面選手・小出選手・道渕選手

明治大学体育会サッカー部は11月29日、Jリーグ所属クラブへの加入が内定した3選手の記者会見を駿河台キャンパス・グローバルホールで開催しました。

会見に出席したのは河面旺成選手(政治経済学部4年・大宮アルディージャ加入内定)、小出悠太選手(政治経済学部4年・ヴァンフォーレ甲府加入内定)、道渕諒平選手(農学部4年・ヴァンフォーレ甲府加入内定)の3選手と、体育会サッカー部の井上優部長(文学部准教授)、栗田大輔監督。

会見の冒頭、井上部長が「多くの選手がJリーグに進んだ昨年度より個人の力は勝るところが少ないかもしれないが、それを補う“考えるサッカー”を展開し、3人の選手がJリーグに内定できたことは喜ばしい」とあいさつ。続けて、栗田監督が今年度のサッカー部の戦いを振り返り、3選手のプロフィールやプレーの特徴を紹介しました。

その後、3選手が一人ずつ、現在の心境やプロ入り後の抱負を述べました。各選手のコメントは以下のとおりです。

河面 旺成(かわづら・あきなり)選手/大宮アルディージャ加入内定

明治大学での4年間は、苦しい時間が長かった。1年生の時にケガで1年間くらいサッカーができず、本当に苦しく辛かったが、自分にできることや、足りていないことを考える良いきっかけとなった。そういう時期があったからこそ、成長して今の自分があると思う。これから始まるインカレは、1年の集大成となる大会となる。自分たちが取り組んできたことに自信を持っているので、その自信を結果で表すために、しっかり戦って結果を求めたい。プレースタイルの特徴は、左足のキックと攻撃参加。自分の特徴を大宮アルディージャでも生かして、チームの勝利に貢献できるように頑張っていきたい。

小出 悠太(こいで・ゆうた)選手/ヴァンフォーレ甲府加入内定

幼いころからの夢であったプロサッカー選手になることができて率直に嬉しい。これは自分だけの力ではなく、これまで関わってくださった多くの方や、支えてくれた両親のおかげだと思うので、これからも感謝の気持ちを忘れずにプレーすることを心掛けたい。プロ入り後の目標は、1日も早くヴァンフォーレ甲府の力になることと、1年目からレギュラーを獲得し試合に出続けること。インカレで優勝し、明治大学の目標である3冠を達成することで、大きく成長してプロに行けると思う。

道渕 諒平(みちぶち・りょうへい)選手/ヴァンフォーレ甲府加入内定

この4年間を振り返ると、人間的な部分で成長できた。下級生時代の寮での仕事や学生間のミーティングが、自分にとって大きな糧になっている。今年は戦力ダウンと言われていたことがとても悔しく、「絶対に結果を残してやる」という反骨心を持って取り組めたことが今の結果につながっていると思う。プレースタイルでは、攻守においてハードワークできること、攻撃面ではドリブル突破・アシスト・クロスが特徴。プロ入り後の目標は、1年目からしっかりヴァンフォーレ甲府の主力として定着すること。そのために得点、アシストを追及して結果を残していきたい。苦しいときにチームのために貢献できる選手になりたい。
明大生のための情報サイト「MEIJI NOW」では、Jリーグ加入内定記者会見の動画とフォトギャラリーをご紹介しています。

「2016年度 ニュース一覧」へ戻る

上へ戻る

明治大学 MEIJIUNIVERSITY

© Meiji University,All rights reserved.