駐日米国臨時代理大使が明治大学に来校 —学生によるキャンパスツアーも実施

2017年03月24日
明治大学 広報課

日本語が堪能なハイランド臨時代理大使。懇談は日英両言語で行われた日本語が堪能なハイランド臨時代理大使。懇談は日英両言語で行われた

キャンパスツアーの案内役を務めた長澤さん(左)と清水さん(右)キャンパスツアーの案内役を務めた長澤さん(左)と清水さん(右)

博物館ではハイランド臨時代理大使が教壇に立つ場面も博物館ではハイランド臨時代理大使が教壇に立つ場面も

在日アメリカ大使館のジェイソン・P・ハイランド臨時代理大使が3月22日、駿河台キャンパスを訪れ、土屋恵一郎学長、柳谷孝理事長らと懇談を行いました。

この懇談は、大学教育に関心が高いハイランド臨時代理大使の意向を受け実現したもの。懇談では、本学の特長のほか、学部を中心に新たな学生交流や留学制度の開拓を進めていること、また創立以来、本学では女性が活躍しており、現在も女子学生からの人気が高いことなど、幅広い話題が取り上げられました。

懇談に続き行われたキャンパスツアーは、政治経済学部の海野泰央教授に加え、ニューヨーク州立大学ニューパルツ校に協定留学をした長澤悠太さん(政治経済学部3年)、ジョージア大学に協定留学をした清水彩さん(文学部3年)が案内役を担当。リバティタワー23階の岸本辰雄ホールのほか、明治大学博物館、阿久悠記念館などを案内しました。

博物館では、昭和期の本学の教室を再現したコーナーに立ち寄り、ハイランド臨時代理大使が教壇に立ち、案内役の学生が授業を受ける風景を演出し楽しむ場面もあり、学生にとって貴重な経験となりました。

本学はアメリカの大学との留学プログラムの拡充に力を入れており、2016年度は384人の学生がアメリカ留学を経験し、アメリカからの留学生は80人(ともに短期プログラムを含む)を受け入れています。

「2016年度 ニュース一覧」へ戻る

上へ戻る

明治大学 MEIJIUNIVERSITY

© Meiji University,All rights reserved.