プロ野球ドラフト会議で、明治大学体育会硬式野球部の渡邊佳明選手を楽天イーグルスが指名

2018年10月25日
明治大学 広報課

井上部長(左)、善波監督(右)と記者会見に臨んだ渡邊選手井上部長(左)、善波監督(右)と記者会見に臨んだ渡邊選手

チームメイトの胴上げで、笑顔を見せる渡邊選手チームメイトの胴上げで、笑顔を見せる渡邊選手

プロ野球12球団が来季の新人選手の獲得に臨むプロ野球ドラフト会議が10月25日、東京都内で行われ、体育会硬式野球部の渡邊佳明選手(政治経済学部4年)が東北楽天ゴールデンイーグルスから6位指名を受けました。

指名を受けた渡邊選手は、硬式野球部合宿所(東京・府中市)で井上崇通部長(商学部教授)、善波達也監督と記者会見に臨みました。
「嬉しい気持ちと、『これからしっかりやっていかないと』という気持ちが芽生えた」と指名時の心境を語り、「まずは開幕1軍を目指し、毎日が修行だと思って、レベルの高い世界で日々成長できるようにしたい」とプロ入り後の抱負を述べました。
また、同球団の監督や取締役副会長を務め今年1月に亡くなった星野仙一氏(1969年政治経済学部卒業)への思いを問われると、「星野さんの明治魂を受け継いで、熱い気持ちを前面に出してプレーしていきたい」と宣言。プロの世界で勝負する意気込みを語りました。

なお、硬式野球部OBでは、吉田大成選手(明治安田生命・2017年国際日本学部卒業)が東京ヤクルトスワローズから8位指名を受けています。

「2018年度 ニュース一覧」へ戻る

上へ戻る

明治大学 MEIJIUNIVERSITY

© Meiji University,All rights reserved.