日本海の表層型メタンハイドレート 資源量把握のための調査を開始 昨年度に続き(独)産業技術総合研究所と共同

2014年04月15日
明治大学

日本海の表層型メタンハイドレート
資源量把握のための調査を開始

昨年度に続き(独)産業技術総合研究所と共同
明治大学ガスハイドレート研究所は、昨年度に引き続き2014年度も、独立行政法人・産業技術総合研究所とともに国のメタンハイドレート開発促進事業の一環としての「日本海の表層型メタンハイドレートの資源量把握のための調査」を実施します。

資源量把握のための海洋調査は1.広域地質調査、2.詳細地質調査、3.掘削調査、4.電磁探査、5.環境モニタリング調査の5つからなり、このうち、明治大学は1広域地質調査、3掘削調査、5環境モニタリング調査を担当します。広域地質調査では調査船・第七開洋丸(芙蓉海洋開発)の船底に装備された音響観測装置を用いて、海底の微地形と海底下の構造を把握し、海底および海底下に分布が予想されるハイドレートマウンドとガスチムニーを探索します(図1)。

4月中旬に開始し、約8週間かけて隠岐の西方・対馬海盆から隠岐トラフ、上越沖、最上トラフ、北海道日高沖の各海域を調査する予定(図2)。掘削調査では地質サンプルの取得を目指します。環境モニタリング調査では、無人探査機(潜水艇)を用いた海底観察(図3)および長期モニタリング装置の回収と設置(図4)を予定しています。広域調査と環境モニタリング調査は昨年度も実施しており、調査の概要については、ガスハイドレート研究所のホームページ (http://www.kisc.meiji.ac.jp/~hydrate/)に昨年度成果を発表した「表層メタンハイドレート・フォーラム」の資料が掲載されているのでそちらをご参照ください。

▲図1 2014年度調査で用いる第七開洋丸▲図1 2014年度調査で用いる第七開洋丸

▲図2 2014年度広域地質調査を予定している海域▲図2 2014年度広域地質調査を予定している海域

▲図3 メタンハイドレートが露出する上越沖のハイドレートマウンドの頂上付近 (2013年度の環境モニタリング調査より)▲図3 メタンハイドレートが露出する上越沖のハイドレートマウンドの頂上付近 (2013年度の環境モニタリング調査より)

▲図4 海底に設置した各種のモニタリング装置(2013年度調査から)▲図4 海底に設置した各種のモニタリング装置(2013年度調査から)

問い合わせ先

■明治大学 経営企画部広報課
電話:03-3296-4082

■明治大学 ガスハイドレート研究所
電話:03-3296-1865

「2014年度 プレスリリース一覧」へ戻る

上へ戻る

明治大学 MEIJIUNIVERSITY

© Meiji University,All rights reserved.