“戦争”はどのように描かれてきたか「マンガと戦争展 6つの視点と3人の原画から+α」 米沢嘉博記念図書館で開催中

2016年02月15日
明治大学

“戦争”はどのように描かれてきたか
「マンガと戦争展 6つの視点と3人の原画から+α」
米沢嘉博記念図書館で開催中

新たな視点と表現で「戦争」を描く作家の原画を4期に分けて展示する新たな視点と表現で「戦争」を描く作家の原画を4期に分けて展示する

明治大学米沢嘉博記念図書館(東京都千代田区)は、企画展「マンガと戦争展 6つの視点と3人の原画から+α」を開催しています。6月5日(日)まで、入場無料。

今回の展示は、戦後70年の節目に昨年京都国際マンガミュージアムで開催された展示の巡回展。「原爆」「特攻」「満州」「沖縄」「戦中派の声」「マンガの役割」の6つの視点から選んだ24の戦争マンガ作品をパネルと関連資料で紹介し、その背景を解説します。また、新しい視点と表現で「戦争マンガ」を描いている3人の作家(こうの史代氏、おざわゆき氏、今日マチ子氏)の原画を3期に分けて展示するコーナーを設置。このほか、当館オリジナル「+α」(プラスアルファ)企画として、西島大介氏の原画を4期目に追加展示し、戦争と戦後を再び考えるための視点を提示します。
展示期間 2月11日(木・祝) ~6月5日(日) 
月・金 14:00 ~ 20:00
土・日・祝 12:00 ~ 18:00
(※火~木は休館)
会場 明治大学 米沢嘉博記念図書館 1階展示室
(千代田区猿楽町1-7-1)
トーク
イベント
◇僕たちの好きな「戦争マンガ」
出演:吉村和真(京都精華大学マンガ学部教授)、宮本大人(明治大学国際日本学部准教授)
日時:3月18日(金)18:00~19:30 
会場:明治大学 米沢嘉博記念図書館2階閲覧室 ※要会員登録料(1日会員300円~)

◇「はだしのゲン」をたのしむ(仮)
出演:おざわゆき(マンガ家)、こうの史代(マンガ家)
日時:4月16日(土)16:00~17:30 会場:明治大学駿河台キャンパス ※聴講無料

◇『ディエンビエンフー』:本当の戦争マンガの話をしよう
出演:西島大介(マンガ家) 司会:宮本大人(明治大学国際日本学部准教授)
日時:5月21日(土)16:00~17:30 
会場:明治大学 米沢嘉博記念図書館2階閲覧室 ※要会員登録料(1日会員300円~)


問い合わせ先

一般の方の問い合わせ
明治大学米沢嘉博記念図書館
Tel:03-3296-4554
取材に関する問い合わせ
明治大学 広報課
Tel:03-3296-4330
E-mail:koho@mics.meiji.ac.jp

「2015年度 プレスリリース一覧」へ戻る

上へ戻る

明治大学 MEIJIUNIVERSITY

© Meiji University,All rights reserved.