「倉橋由美子文芸賞」「阿久悠作詞賞」の第8回受賞作が決定 2月28日、駿河台キャンパスで表彰式 ~課題曲提供の河口恭吾さんも出席し、大賞曲をお披露目~

2017年02月23日
明治大学

 「倉橋由美子文芸賞」「阿久悠作詞賞」の第8回受賞作が決定
2月28日、駿河台キャンパスで表彰式
~大賞曲(CD)を披露。課題曲提供の河口恭吾さんも出席~
明治大学の卒業生で、作家・倉橋由美子氏、作詞家・阿久悠氏の故人2人の功績を顕彰する「明治大学連合父母会文学賞」の「倉橋由美子文芸賞」(小説)と「阿久悠作詞賞」(歌謡曲・ロック・ポップス・演歌等あらゆる音楽ジャンルの歌詞)の第8回受賞作がそれぞれ決定し、2月28日(火)に駿河台キャンパスにて表彰式を執り行います。

「倉橋由美子文芸賞」大賞には、文学部3年十河和也さんの『クラミーと夏』が選ばれました。『クラミーと夏』は青土社発行の芸術評論誌「ユリイカ」3月号(2月27日発売)に掲載されます。また「阿久悠作詞賞」大賞には、総合数理学部4年岸上卓矢さんの『蝉しぐれ』が選ばれました。
同文学賞は、明大在学生の父母らでつくる「連合父母会」の後援により2009年に創設されました。文学賞は2部門とし、それぞれに明大特別功労者の名前を冠して、故人の業績を顕彰するとともに、投稿者の奮起となることを目的としています。

応募資格者は明大在学生(学部生・大学院生・留学生)で、今回倉橋由美子文芸賞に24編、阿久悠作詞賞に48編の応募がありました。

表彰式には、倉橋由美子、阿久悠両氏の令嬢や子息も参加し、受賞者を祝します。また昨年度より「阿久悠作詞賞」では、指定された課題曲に自由に歌詞を付ける「課題曲作詞方式」を取り入れており、今回課題曲を提供した河口恭吾さん(主な楽曲:『桜』など)も出席し、大賞曲(CD)が披露される予定です。


第8回明治大学連合父母会文学賞表彰式

日時 2017年2月28日(火) 18:00~19:00
会場 明治大学 駿河台キャンパス リバティタワー23階 岸本辰雄ホール

倉橋由美子文芸賞

大賞 「クラミーと夏」 十河 和也さん(文学部3年)
佳作 「怪鳥」 寺本 充希さん(文学部4年)
「静寂の先のランドスケープ」 堅山 凌平さん(政治経済学部2年)

阿久悠作詞賞

大賞 「蝉しぐれ」 岸上 卓矢さん(総合数理学部4年) 
佳作 「だるい私を眠らせて」 林 楓さん(国際日本学部3年)  
「シベリアンハスキーの唄♪」 松浦 陽子さん(政治経済学研究科 博士前期課程1年)  
「空色の汽車」 木村 匠さん(商学部3年)

問い合わせ先

<取材・リリースに関するお問い合わせ> 
明治大学 広報課
TEL: 03-3296-4330
E-mail:koho@mics.meiji.ac.jp

「2016年度 プレスリリース一覧」へ戻る

上へ戻る

明治大学 MEIJIUNIVERSITY

© Meiji University,All rights reserved.