明治大学平和教育登戸研究所資料館 第8回企画展 「科学技術と民間人の戦争動員—陸軍登戸実験場開設80年—」

2017年11月22日
明治大学

明治大学平和教育登戸研究所資料館 第8回企画展
「科学技術と民間人の戦争動員—陸軍登戸実験場開設80年—」

明治大学平和教育登戸研究所資料館は、第8回企画展「科学技術と民間人の戦争動員—陸軍登戸実験場開設80年—」を11月22日(水)より来年3月31日(土)まで開催します。入館無料。

今年は、日中戦争(1937-45)の開始と、生田の地に陸軍が実験施設を開設してからちょうど80年目にあたります。そこで今年度の企画展では、戦前日本における軍・産・学共同の典型的事例である登戸研究所がどのような時代背景のもとに科学技術と民間人を動員し、戦争のための兵器・資材開発に進んでいったかに迫ります。陸軍科学研究所の歩みと実験施設の誕生、日中戦争の拡大とともに急速に拡充されていった登戸研究所と、それを支えた人物に焦点を当てて史実を解明していきます。

明治大学平和教育登戸研究所資料館 第8回企画展
「科学技術と民間人の戦争動員—陸軍登戸実験場開設80年—」

会期 2017年11月22日(水)~2018年3月31日(土)
※休館日:日曜~火曜。2017年12月24日~2018年1月9日。1月13日。2月7日。
※その他、大学の事情により臨時閉館する場合があります。
※11月26日(日)は明治大学生田キャンパス学園祭(生明祭)のため臨時開館。
会場 明治大学平和教育登戸研究所資料館
(神奈川県川崎市多摩区東三田1-1-1 明治大学生田キャンパス内)
開館時間 水曜~土曜 10:00~16:00
入館料 無料
展示資料 初公開写真数点(陸軍々需資材天覧記念写真帳、陸軍科学研究所第一部集合写真、陸軍科学研究所、多田礼吉科研所長登戸実験場視察(複製))、南京陥落関連資料ほか
主催 明治大学平和教育登戸研究所資料館
後援 川崎市、川崎市教育委員会

関連イベント

講演会「科学技術と民間人の戦争動員」

今回の企画展のテーマである、科学技術と民間人の戦争動員について、日本軍事史研究者の観点から企画展の内容を深く掘り下げます。
※これまでに行われた当館主催講演会やリバティーアカデミー講座とは異なる内容です
講師 山田 朗(館長・文学部教授)
日時 2017年12月9日(土)13:30~15:00(13:00開場)
会場 明治大学生田キャンパス中央校舎6階メディアホール ※4階0405教室から変更になりました
定員 280名
参加費 無料
参加方法 予約不要。当日直接会場へお越しください。

企画展展示解説

館長・山田朗(文学部教授)が実際の展示を前に企画展の見どころを解説するギャラリートークです。講演会と併せてご参加いただくことで、理解がより深まります。※各日同内容
日時 2017年11月26日(日)・2018年1月20日(土)・2月24日(土)・3月24日(土)
各日13:00~14:00
会場 明治大学平和教育登戸研究所資料館
定員 各回20名
参加費 無料
参加方法 参加ご希望の方は前日16:00までに、下記資料館問い合わせ先にご希望日時、お名前、参加人数、電話番号、E-mailアドレス明記の上お申し込みください。

問い合わせ先

一般の方・内容に関する問い合わせ
明治大学 平和教育登戸研究所資料館
TEL/FAX: 044-934-7993
E-mail:noborito@mics.meiji.ac.jp
取材に関するお問い合わせ
明治大学 広報課
TEL: 03-3296-4330
E-mail:koho@mics.meiji.ac.jp

「2017年度 プレスリリース一覧」へ戻る

上へ戻る

明治大学 MEIJIUNIVERSITY

© Meiji University,All rights reserved.