東アジア地域協力/東アジア地域協力とアジア・コンセンサスの構築

概要

本研究は,前プロジェクト(テーマ「中国の勃興が与えるアジア諸国の変貌を日本との関係で考える」)を継承・発展させるものである。新自由主義に基づく従来のグローバル化の限界が指摘されるなか,米国ではトランプ政権が誕生し,英国では国民投票によってEU脱退が選択されるなど,その推進役であった国々でも画期を迎えている。そうしたなか,中期的な景気調整はあるとしても,中国の勃興は世界経済,とりわけ日本を含む東アジアの周囲地域に多大な影響を与えることが予測される。新たな世界秩序が模索されるなかで,中国の「一帯一路」戦略や東アジア地域協力(広域経済連携)の動向を踏まえつつ,ワシントン・コンセンサスや北京コンセンサスとは異なる第三の道として,「アジア・コンセンサス」の構築について研究を進めたい。
プロジェクトリーダー
小林 尚朗   商学部 専任教授
プロジェクトメンバー
西村 英俊   国際総合研究所 フェロー
権  善喜   国際総合研究所 研究員

上へ戻る

明治大学 MEIJIUNIVERSITY

© Meiji University,All rights reserved.