MIGA グローバルファイナンス シンポジウム2016

開催期間:2016年03月29日
明治大学

「金融経済情勢とグローバル経営に於ける企業の財務戦略」

 

現状の世界経済は資源・原油価格下落、中国や新興国経済の停滞やテロ等地政学的リスク、米国の出口政策等の要因で世界同時株安、為替変動にみられる予測を超える金融経済情勢の波乱状況下にあります。 一方、ここ一両年で大きく進展した日本のコーポレートガバナンス改革により日本企業は資本効率向上、企業価値の持続的成長を求められています。
 このような金融経済情勢を踏まえて企業のグローバル経営に於ける財務戦略やリスクマネジメントを含む財務ガバナンスのあり方と課題について、識者によるご講演とパネルディスカッションを下記概要にて行います。 このシンポジウムがグローバル経営についての議論を進化させる場となれば幸いです。 皆様のご参加をお待ちしております。


開催概要

日 時  2016年3月29日(火) 13:30~17:00 ( 受付開始 13:00~ )          
会 場  明治大学 グローバルホール(グローバルフロント1階)
主 催  明治大学 国際総合研究所(MIGA)
後 援  日本CFO協会、KPMG/あずさ監査法人、野村ホールディングス
定 員  200名程度
 *入場無料 ・ 事前申込制

参加申し込み方法
本シンポジウムへの参加を希望される方は、下記リンクから受付フォームに進み、必要事項を
ご記入ください。

受付フォームはこちらから

◇プログラム
13:00~ 受付開始
 
                 総合司会   
三和 裕美子 明治大学商学部教授
13:30 開会挨拶
川口 順子 明治大学国際総合研究所特任教授 元外務大臣
13:35~14:15 基調講演:金融経済情勢と企業経営
行天 豊雄 国際通貨研究所理事長
14:15~15:00 講演:最近の国際協力銀行(JBIC)の取り組み
矢島 浩一 国際協力銀行副総裁
15:00~15:15 休憩
15:15~16:55 パネルディスカッション:
グローバル経営に於ける企業の財務戦略、リスクマネジメント、財務ガバナンスのあり方と課題

<パネリスト> (50音順)
勝 悦子  明治大学副学長、政治経済学部教授
栗原 宏  KPMG/あずさ監査法人 金融アドバイザリー部マネジ
      ング・ディレクター
中村 豊明 日立製作所代表執行役副社長CFO
藤塚 主夫 小松製作所取締役専務執行役員CFO

<モデレーター>
藤田 純孝 明治大学国際総合研究所フェロー、日本CFO協会理事長
16:55~17:00 閉会挨拶
坂本 恒夫 明治大学国際総合研究所副所長

*当日、講演内容や時間など変更があり得る旨ご了承ください。


問い合わせ先

明治大学 国際総合研究所(MIGA)

E-mail:symposium@miga.jp

「国際総合研究所 イベント一覧 2015年度」へ戻る

上へ戻る

明治大学 MEIJIUNIVERSITY

© Meiji University,All rights reserved.