飯舘村でZeRo.agriにより生産された野菜が販売されます

2017年07月05日
明治大学 黒川農場

 明治大学農場は、2015年から「ふくしま再生の会」と協力し、福島県飯舘村の菅野宗夫さん宅にZeRo.agriを装備したハウスを建設し、野菜の実証栽培をしています。2016年には明治大学の教育研究振興基金を受けて実証研究してきましたが、2017年6月に栽培したレタスの放射線量を県が測定した結果、セシウム134、セシウム137ともに不検出でした。この結果を受けて、新設される道の駅で販売を計画することとなり、袋詰めの形態 ネーミング等を検討しています。袋には大学の許可を得て、明大ロゴを使用する予定です。さらに、量産化に伴い、多量の苗が必要となり、現地での苗づくりの指導要望が農場に来ています。 農場では、今後も農場の有する技術力で福島の震災復興を支援してゆきます。

「明治大学黒川農場 ニュース一覧 2017年度」へ戻る

上へ戻る

明治大学 MEIJIUNIVERSITY

© Meiji University,All rights reserved.