学長室

関連情報

福島県新地町との震災復興に関する協定を締結しました

2012年01月26日
明治大学

 明治大学と福島県新地町は2012年1月26日、東日本大震災以後の地域復興に関わる諸課題の解決や施策の実施について協働するため,「福島県新地町と明治大学との震災復興に関する協定書」を締結しました。本学では,震災復興を目的とした自治体との協定は初めてとなります。

 

 福島県新地町は,人口約8,000名。福島県最北部の太平洋岸にあり,宮城県山元町に隣接しています。東日本大震災では,沿岸部のみならずJR常磐線新地駅周辺の市街地まで津波による被害を受けましたが,現在では,同町の復興プランが,閣議決定を受けて新成長戦略に示された「環境未来都市」に採択される等,力強く復興に向けて歩んでいます。

 新地町とは,加藤町長が本学にて開催した震災復興に関する学会に参加したことをきっかけに,同町と本学教職員・学生との間で交流を積み重ね,今回の協定締結に至ったものです。

 

 明治大学では,20115月に公表した学長方針(2012年度教育・研究年度計画書)において,「この国難といわれる状況下において,一刻も早い復興に明治大学もできうる限り支援する責務がある」と述べ,それが「大学の使命である」と宣言しました。

 その後,学生生活面では被災した学生への経済支援,課外活動としては学生のボランティア活動への助成,正課授業では学部間共通総合講座「東日本大震災に伴うボランティア実習」の設置,研究面では「震災復興支援・防災研究プロジェクト」を実施する等,「明治大学震災復興支援センター」を中心に全学を挙げて復興支援に取り組んでおります。

 

 調印式典は本学駿河台キャンパスにて行われ、本学からは納谷廣美学長,針谷敏夫副学長・震災復興支援センター長,福宮賢一副学長・社会連携機構長,市川宏雄専門職大学院長・ガバナンス研究科長,中林一樹大学院政治経済学研究科特任教授らが出席、新地町からは加藤憲郎町長らが出席しました。

 

 調印後のあいさつでは、加藤町長が「町民の皆さんからの前向きな声に励まされ,復興計画の実現に取り組んでいる。先端農業分野や国際化・情報化を進めている初等教育等に意欲的に取り組んでおり,明大と連携することでより一層,復興の歩みを進めたい」と語ると、納谷学長から「明治大学の使命は,若者の未来に貢献することである。これからの大学は産官学民が連携する中で,社会と共生する包容力のある存在にならなければならない。福島,そして新地町と連携する中で,本学もあるべき大学へと成長させたい。」と応えました。

 

 今後について,次週には,本学専門職大学院ガバナンス研究科の佐々木特任講師が,留学生とともに同町を視察することとなっており,教職員・学生の交流を深めつつ,先端農業分野や教育連携,また震災復興支援センターを中心に,町の抱える課題を把握することから,復興施策に関する取り組みを展開することを予定しています。

「学長室 ニュース一覧 2011年度」へ戻る

上へ戻る

明治大学 MEIJIUNIVERSITY

© Meiji University,All rights reserved.