第89回箱根駅伝、明大競走部は総合7位でゴール

2013年01月03日
明治大学 広報課

6区:区間新記録に迫る走りを見せた廣瀨6区:区間新記録に迫る走りを見せた廣瀨

7区:2位に迫る走りを見せた有村7区:2位に迫る走りを見せた有村

8区:激しい2位争いを演じた横手8区:激しい2位争いを演じた横手

9区:気持ちで襷をつないだ松井9区:気持ちで襷をつないだ松井

ゴール:大歓声の大手町ゴールに飛び込んだ北ゴール:大歓声の大手町ゴールに飛び込んだ北

第89回東京箱根間往復大学駅伝競走の復路が1月3日、箱根・芦ノ湖から東京・大手町の5区間109.9kmのコースで行われ、明治大学体育会競走部は復路13位、5時間40分37秒のタイムでゴール。
往路・復路10区間の総合記録は11時間25分14秒で総合7位となり、5年連続で次大会のシード権を獲得しました。総合優勝は日本体育大学(11時間13分26秒)でした。

明大は区間エントリーを一部変更し、7区に有村優樹(商2)、8区に横手健(政経1)を起用。6区・廣瀨大貴(経営3)、7区・有村、8区・横手、9区・松井智靖(経営2)、10区・北魁道(商3)のオーダーで復路に臨みました。

往路トップの日本体育大学から4分22秒差の4位でスタートした6区・廣瀨は、序盤から区間新記録を上回るペースで前を追い上げ、20km地点手前で早稲田大学を抜いて3位に上昇。
続く7区・有村も、中継所では46秒の差があった2位との距離を徐々に縮め、25秒差まで接近して8区へ。
8区・横手は10km付近からペースを上げ、13km付近で2位・東洋大学に追いつくと、その後数kmにわたって激しい2位争いを演じ、3位で中継所に飛び込みました。

しかし、9区・松井は、上位2校と同ペースで走行していた20km地点手前で急激に失速。何とか中継所までたどり着いたものの、順位を6位まで落としました。
襷を受け継いだ10区・北は、気持ちのこもった懸命の走り。終盤で順位を一つ落としましたが、大歓声の大手町に7位でゴール。総合記録は11時間25分14秒でした。

沿道の応援スポットに駆けつけてくださった皆さま、またテレビ・ラジオを通じて明大にご声援くださった皆さまに、心よりお礼申し上げます。

【第89回箱根駅伝の成績】
<総合記録>7位:11時間25分14秒
<往路記録>4位:5時間44分37秒
<復路記録>13位:5時間40分37秒


【第89回箱根駅伝・復路の成績】
■6区(20.8km)箱根→小田原:廣瀨大貴(経営3)
<区間記録>2位:58分19秒
<総合記録>3位:6時間42分56秒

■7区(21.3km)小田原→平塚:有村優樹(商2)
<区間記録>3位:1時間05分01秒
<総合記録>3位:7時間47分57秒

■8区(21.5km)平塚→戸塚:横手健(政経1)
<区間記録>9位:1時間07分38秒
<総合記録>3位:8時間55分35秒

■9区(23.2km)戸塚→鶴見:松井智靖(経営2)
<区間記録>18位:1時間15分29秒
<総合記録>6位:10時間11分04秒

■10区(23.1km)鶴見→大手町:北魁道(商3)
<区間記録>17位:1時間14分10秒
<総合記録>7位:11時間25分14秒

「駅伝特設サイト ニュース一覧 2012年度」へ戻る

上へ戻る

明治大学 MEIJIUNIVERSITY

© Meiji University,All rights reserved.