海老沼匡選手(2012年商学部卒)が柔道世界選手権で3連覇を達成

2014年08月26日
明治大学 広報課

ロシア・チェリャビンスクで開催されている柔道世界選手権の第2日となる8月26日、男子66キロ級決勝で、海老沼匡選手(2012年商学部卒)がミハイル・プリャエフ選手(ロシア)を降し、世界選手権3連覇を達成しました。

海老沼選手は、2011年のパリ大会、2013年のリオデジャネイロ大会に続いて金メダルを獲得。柔道世界選手権3連覇は、日本男子選手では5人目の快挙となります。

「2014年度 ニュース一覧」へ戻る

上へ戻る

明治大学 MEIJIUNIVERSITY

© Meiji University,All rights reserved.