明治大学体育会サッカー部の5選手がJリーグに加入内定

2015年11月19日
明治大学 広報課

明治大学体育会サッカー部は11月19日、Jリーグの各クラブへの加入が内定した5選手の記者会見を駿河台キャンパス・紫紺館で開催しました。

出席したのは和泉竜司選手(政治経済学部4年)、高橋諒選手(文学部4年)、差波優人選手(商学部4年)、山越康平選手(法学部4年)、藤本佳希選手(文学部4年)の5選手と、体育会サッカー部の栗田大輔監督。

会見の冒頭で栗田監督は「3回目のJリーグ加入内定会見を開催することができ、嬉しく思う」と述べ、今年度の体育会サッカー部の活動と各選手のプロフィールやプレーの特徴を紹介。続いて各選手が一人ずつ、現在の心境やプロ入り後の抱負を述べました。

各選手の加入内定クラブとコメントは以下のとおりです。

和泉竜司 選手/名古屋グランパス
入学から4年間リーグ戦に出していただき、紫紺のユニフォームに袖を通せたことが自信になった。12月のインカレで優勝して、来年はJリーグ開幕から出場できるように日々成長したい。

高橋諒 選手/名古屋グランパス
2年次に出場した総理大臣杯が一番の思い出。創部初の決勝進出で新たな歴史を刻むことができた。まずはインカレで優勝し、来シーズンは開幕戦から試合に出たい。

差波優人 選手/ベガルタ仙台
明治大学に来て、どのチームよりも朝早く6時から練習が始まることに驚いた。これからの目標は明治でのインカレ優勝と、小さな子の憧れとなるような選手になりたい。

山越康平 選手/大宮アルディージャ
明治大学での4年間で自信が身に付いた。1年生の時に神川監督(当時)に怒られて、泣きながら帰ったことが思い出に残っている。インカレで優勝して、来年はレギュラーとして活躍したい。

藤本佳希 選手/ファジアーノ岡山
今年の総理大臣杯の決勝で敗れた悔しさを忘れることができない。この悔しさをバネにインカレで優勝し、来年は早く試合に出て結果を残したい。

記者会見での各選手の写真を、広報課ブログで公開しました。
広報課ブログ コレ見て! - 体育会サッカー部から5人がJリーグに!(2015年11月19日)

「2015年度 ニュース一覧」へ戻る

上へ戻る

明治大学 MEIJIUNIVERSITY

© Meiji University,All rights reserved.