2018年度入学式を挙行しました

2018年04月07日
明治大学 広報課

満員となった日本武道館満員となった日本武道館

告辞で新入生を激励する土屋学長告辞で新入生を激励する土屋学長

祝辞で入学を歓迎する柳谷理事長祝辞で入学を歓迎する柳谷理事長

午前の部で宣誓する岡田さん午前の部で宣誓する岡田さん

午後の部で宣誓する伊藤さん午後の部で宣誓する伊藤さん

明治大学の2018年度入学式が4月7日、日本武道館(千代田区)で挙行され、夢や希望を胸に抱いた新入生8250人(学部生7281人、大学院生969人)が、新たなスタートを切りました。式典は学部・大学院別に午前と午後の2部制で行われ、いずれも土屋恵一郎学長の告辞、柳谷孝理事長の祝辞、新入生代表による宣誓と続きました。

土屋学長は告辞の中で、無限に広がる学びの多様さを説きながら、詩人・W.H.オーデン氏の『見る前に飛べ』の詩を紹介。「大学は未体験の新しいことばかり。そうであるからこそ、さらに新しいことを求め、異なる言語、異なる文化へと飛び込んでいけばいい。見る前に飛べ」と激励しました。

祝辞に立った柳谷理事長は、未来の担い手である新入生に向け、新たな世界への挑戦や全力で挑み続ける「行動力」の重要性を訴えた上で、「新たに出会う仲間と切磋琢磨し、それぞれにふさわしい『個』の確立を目指してほしい」と期待を込めました。

続く宣誓では、午前の部は農学部の岡田力樹さん、午後の部では文学部の伊藤彩恵花さんがそれぞれ新入生を代表して登壇。「日本という狭い鳥籠に留まる鳥ではなく、世界に羽ばたいて行ける鳥になれるよう、一日一日を大切にし、精進していく」(岡田さん)、「座学だけではなく、ゼミナール活動やサークル、部活動などさまざまな場面で挑戦し続け、理想へと邁進していく」(伊藤さん)と、力強く抱負を語り、最後は全員で校歌を斉唱しました。

式典後は、前方スクリーンに大学生活の紹介映像が流れる中、明治大学交響楽団、グリークラブ、混声合唱団が演奏・合唱を披露するなど、新入生歓迎セレモニーとして入学記念演奏を実施。さらに、明大を卒業し各界で活躍する先輩を代表して、サッカー日本代表の長友佑都さん、TBSアナウンサーの熊崎風斗さん・山本恵里伽さんからそれぞれお祝いビデオメッセージが上映されました。

祝福を受けた新入生たちは思いを新たに、明大生としての一歩を踏み出しました。
日本武道館で撮影した新入生のフォトギャラリーを、「明大生のための情報サイト『MEIJI NOW』」で公開しています。

> 新入生フォトギャラリーその1
> 新入生フォトギャラリーその2
> 新入生フォトギャラリーその3
> 新入生フォトギャラリーその4

「2018年度 ニュース一覧」へ戻る

上へ戻る

明治大学 MEIJIUNIVERSITY

© Meiji University,All rights reserved.