【MIMS】「折紙式プリンターでスケッチや写真から実物モデルを作ろう」を開催(11/26,27,28)【会場一部変更】

開催期間:2015年11月26日~2015年11月28日
明治大学

明治大学中野キャンパスでは、11月26日(木)~28日(土)の3日間、「折紙式プリンターでスケッチや写真から実物モデルを作ろう」を開催します。(事前申込制、各日定員40名)

日本伝統の折紙を活用して折紙式3次元プリンターを開発
日本伝統の折紙は、Origamiと国際語となっています。軽くて剛い、あるいは、展開収縮できる折紙は産業にとっても魅力的で、折紙工学はにわかに活気づいているのです。その現状を述べ、折紙帽子・ヘルメット等の作成実習を行います。明治大学先端数理科学インスティテュート(MIMS)は、一世を風靡しつつある積層型3次元プリンターに対し、折紙式3次元プリンターを開発しました。縫い包みなどの写真を撮り、その場で実物モデルを作る実習を行います。

実施概要
■講師 萩原一郎(はぎわらいちろう) 特任教授、明治大学先端数理科学インスティテュート(MIMS)所長
■主催 明治大学先端数理科学インスティテュート(MIMS)
■会場 明治大学中野キャンパス 高層棟6階 603室(※27日のみ602室に変更)
■日時 11月26日(木)、27日(金)、28日(土)9:30~17:00
■アクセス 中野駅北口徒歩8分
■参加費 午前の部:400円、午後の部:400円
■申込方法  10月20日(火)~11月25日(水)に〒住所、氏名、電話番号、参加人数、午前の部のみ/午後の部のみ/午前・午後両方、のいずれかを明記して、ハガキまたはメールで申し込み
ハガキ:〒164-8525 中野区中野4-21-1明治大学中野キャンパス 811室「明治大学萩原研究室」へ。
メール:明治大学萩原研究室 ihagi@meiji.ac.jp
■定員 各日40人(先着順)
■問い合わせ 明治大学萩原研究室 TEL 03-5343-8377

プログラム 【午前の部】 9:30~12:00
「折紙工学とはー現状と課題」
実習:折紙帽子・ヘルメット、ハニカム、折紙コアなど

プログラム 【午後の部】 
13:30~17:00
「折紙式3次元プリンターの現状と折紙ロボットの紹介」
実習:縫い包みの写真から実物モデルの創出



この記事に関連するページ

問い合わせ先

明治大学萩原研究室
メール:ihagi@meiji.ac.jp
TEL:03-5343-8377

「中野キャンパス イベント一覧 2015年度」へ戻る

上へ戻る

明治大学 MEIJIUNIVERSITY

© Meiji University,All rights reserved.