【MIMS】萩原一郎特任教授がAsiaSim Federationフェロー賞を受賞

2018年10月30日
明治大学 研究・知財戦略機構

明治大学先端数理科学インスティテュート(MIMS)所員・萩原一郎特任教授が2018年10月28日、「Simulation Science and Technologyに対する貢献」により、AsiaSim Federationからフェロー賞を受賞しました。
これは、記念すべき最初の2011年ソウルでのカンファレンスで、萩原教授が「折紙工学」に関する招待講演を行うなど、シミュレーションの世界での幅広い貢献に対して授与されたものです。

AsiaSim Federationは、CSF (China Simulation Federation),JSST (Japan Society for Simulation Technology),KSS (Korea Society for Simulation),SSAGsg (Society of Simulation and Gaming of Singapore),MSS (Malaysian Simulation Society)で組織されています。
AsiaSim Federationでは毎年、シミュレーション会議を行っており、産学でのモデリングとシミュレーション発展のため、世界中の科学者・工学者のために、フォーラムを提供しています。
アジアシミュレーション会議は1999年に始まり、主にChinese Association for System Simulation (CASS)、日本シミュレーション学会 (JSST)、Korea Society for Simulation (KSS)の3つのアジアのシミュレーション学会が運営しています。
2011年には、アジア内外の産業界や研究開発現場でのモデリングとシミュレーション発展のために、Federation of Asia Simulation Societies (ASIASIM)が設立されました。

Asia Simulation Conference 2018リンク先URL  http://jsst.jp/asiasim2018/
 

「研究・知財戦略機構 ニュース一覧 2018年度」へ戻る

上へ戻る

明治大学 MEIJIUNIVERSITY

© Meiji University,All rights reserved.