【MIMS】杉原厚吉特任教授制作の錯覚研究作品35点、台湾「国立故宮博物院」に展示

2018年10月17日
明治大学 研究・知財戦略機構

明治大学先端数理科学インスティテュート(MIMS)所長・杉原厚吉特任教授制作の錯覚研究作品35点がこのたび、台湾の「国立故宮博物院」で展示されることになりました。展示期間は、2018年9月20日から2020年2月23日までの1年5ヵ月間におよびます。
戦国時代から漢代(475BCE~220CE)を中心に制作された錯視芸術「玉器」と、科学的視点から制作された杉原教授の錯視研究作品、2千年もの隔たりのある錯視芸術作品のそれぞれの視覚効果の一面を、錯覚という視点から観覧できるような特別展になっています。また、今回の展示にともない、杉原教授による講演も予定されています。

台湾故宮博物院
「うつつとまぼろしの間で ─ 故宮所蔵戦国時代から漢代の玉器」 特別展
展覧期間:2018年9月20日~2020年2月23日
会  場:北部院区 第一展覧エリア303, 300

●杉原厚吉教授講演
 日時:2018年10月27日(土)9:30~11:30(開場9:10~)
 会場:国立故宮博物院 文會堂
 ※詳細はこちらをご覧ください(PDF:約135KB)

※外部リンク
●台湾故宮博物院
「うつつとまぼろしの間で ─ 故宮所蔵戦国時代から漢代の玉器」 特別展
公式ページは以下から
 日本語 https://www.npm.gov.tw/ja/Article.aspx?sNo=04010330
 英語 https://www.npm.gov.tw/en/Article.aspx?sNo=04010330
 特設サイト https://theme.npm.edu.tw/exh107/Realityandillusion/jp/index.html

なお、今回の故宮博物院における展示に連動し、国立台湾大学において錯覚に関するシンポジウムが開催される予定となっています。
Betwixt Reality and Illusion:
International Symposium on the Exploration and Application of Visual Illusions
日時:2018年10月27日(土)13:30~17:00
会場:国立台湾大学 2F International Conference Hall, Center for Condensed Matter Sciences and Department of Physics
※詳細はこちらをご覧ください(PDF:約192KB)
 
※外部リンク
●国立台湾大学ホームページ https://www.ntu.edu.tw/english/
 

「研究・知財戦略機構 ニュース一覧 2018年度」へ戻る

上へ戻る

明治大学 MEIJIUNIVERSITY

© Meiji University,All rights reserved.