出版会マークの由来



 出版会のマークは,かつての記念館(現在のリバティタワー)正面に掲げられていたレリーフを元にしております。これは,二人の童子が梵鐘を持つブロンズのレリーフの下に,文明開化に沸く人々が太陽を仰いで万歳する姿を描いたステンドグラスが配されております。
 

暁(あけ)の鐘

 いつのころからか,このレリーフは校歌の一節にちなんで「暁(あけ)の鐘」とよばれ,本学学生,教職員に親しまれてきました。現在レリーフは,リバティタワー23階岸本辰雄ホールに移設されております。

かつての記念館

 このマークが,建学の精神を受け継ぎながら新たな時代を開こうとする本学出版会のシンボルとして,皆さんに長く親しまれることを望みます。

上へ戻る

明治大学 MEIJIUNIVERSITY

© Meiji University,All rights reserved.