科学研究費採択課題詳細 2006年度

18世紀イギリス風景庭園における自然的景観の形成と自然美の観念

研究課題名 18世紀イギリス風景庭園における自然的景観の形成と自然美の観念
研究種目等 基盤研究 (C)
研究概要 (研究実施計画)
資料の収集と整理
 本年度は,ランスロット・ブラウンが造園した現存する庭園のうち,下記について調査および資料収集をおこなう。
 また,トーマス・ウェイトリーが残したブラウンの庭園に関する論評の考察をおこなう。
 Castle Ashby,Alnwick Castle,Weston,Ickworth,Warwick Castle,Longleat,Corsham Court,Temple Newsam
1)予備調査(4~5月)
 国内で入手できる調査庭園に関する文献・図面等を収集する。
2)現地調査および資料の収集(6月)
 現地で写真の撮影をおこなう。
また下記の図書館,資料館で関係資料の収集をおこなう。
 Bodleian Library(Oxford),British Library(London),National Monuments Record(Swindon)
3)資料の整理(7~12月)
 撮影した写真を整理し,撮影箇所と照合させる。
 入手した図版,文献等を整理し,内容を把握する。
4)考察(1~3月)
 ブラウンの庭園がどのように受容され,評価されていたのか,トーマス・ウェイトリーの論評を中心に明らかにする。
 考察の結果は建築学会支部研究報告会,同大会などに報告する。
研究者 所属 氏名
  理工学部 助教授 田路貴浩
補助金額(千円)
※直接経費のみ
600
研究期間 2004.4~2007.3
リンク  

上へ戻る

明治大学 MEIJIUNIVERSITY

© Meiji University,All rights reserved.