新領域創成型研究・若手研究詳細 2010年度

状態空間モデルによる社会制度と社会規範の定量化

研究課題名 状態空間モデルによる社会制度と社会規範の定量化
研究種目等 新領域創成型研究
研究概要 (研究目的)
経済モデルにおいて,家計や個人がどのように振る舞うのかを定めるのは,各主体の行動原理を規定するいくつかのディープ・パラメターである。これらのパラメターの多くは経済理論と整合的に説明されるが,いくつかは社会の制度や規範に強い影響を受け,必ずしも合理的に決まっているとは限らない(例:借金や失業に対する嫌悪感,勤勉な国民性など)。他方,近年のベイズ統計学的手法の発展によって,ディープ・パラメターの多くが安定的ではなく,大きな時間的変動を示している可能性が指摘されている。本研究では,パラメターの変化のうち,制度や規範といった社会の特性を表す指標に起因する部分を識別し,その影響を定量化するための計量的手法を開発することを目的とする。
研究者 所属 氏名
  商学部 教授 畑農鋭矢
研究期間 2010.7~2011.3
リンク  

上へ戻る

明治大学 MEIJIUNIVERSITY

© Meiji University,All rights reserved.