新領域創成型研究・若手研究詳細 2010年度

実写CALLコンテンツを携帯端末上で活用したときの,その学習効果の研究

研究課題名 実写CALLコンテンツを携帯端末上で活用したときの,その学習効果の研究
研究種目等 若手研究
研究概要 (研究目的)
本研究は,コミュニケーション力の向上に着目し,日本の英語CALL(computer-assisted language learning)研究を大きく前進させることを目的とする。CALL研究の歴史は浅くはないが,顕著な成果は未だに見られていない。本研究では,「具体例をベースとしたCALLコンテンツは,どのような工夫を施せば学習者による自立学習が期待でき,また習得率が高まるのか」という課題,及び「コンテンツのいかなる要素が学習成果の向上に繋がるのか」という課題について,携帯性とエンターテイメント性をキーワードとして研究を行う。具体的には,図1に列挙した仮説の検証を図2のリサーチ・デザインにより検証することで,従来のCALLプログラムとの比較分析とその学習効果の調査を行う。


図1


図2
研究者 所属 氏名
  政治経済学部 特任准教授 松崎武志
研究期間 2010.7~2011.3
リンク  

上へ戻る

明治大学 MEIJIUNIVERSITY

© Meiji University,All rights reserved.