新領域創成型研究・若手研究詳細 2011年度

再生医療に向けたブタエピゲノム情報の新規応用

研究課題名 再生医療に向けたブタエピゲノム情報の新規応用
研究種目等 若手研究
研究概要 (研究目的)
本研究は再生医療に向けたエピゲノムのブタへの応用を目的としている。近年,ブタの細胞・臓器を再生医療に応用する試みが盛んに行われ,iPS細胞など多能性幹細胞に注目が集まっている。しかし,ブタでは体内で細胞分化に寄与できる有用な多能性幹細胞が未だ報告されておらず,ブタでの多能性細胞を新たな指標で見直す必要がある。細胞の分裂後も継承される遺伝子発現の記憶装置として,DNAメチル化・ヒストン修飾によるエピジェネティック機構が知られている。細胞は発生・分化に伴い固有のDNAメチル化プロフィール(エピゲノム情報)を形成し,エピゲノム情報を基にすることで細胞を区別することができる。本研究ではブタ組織(分化細胞)と受精卵に由来する胚盤胞(多能性細胞)のDNAメチル化を比較することで,ブタで分化多能性に関わる遺伝子(郡)のエピゲノム情報を取得し,DNAメチル化を指標とした多能性細胞の標準化を図る。
研究者 所属 氏名
  研究・知財戦略機構 ポスト・ドクター 新井良和
研究期間 2011
リンク  

上へ戻る

明治大学 MEIJIUNIVERSITY

© Meiji University,All rights reserved.