『暗黙の了解』ってアリ?~お互いを尊重する「性」とは~を開催しました

2017年10月07日
明治大学

明治大学学生相談室では、10月6日、駿河台キャンパスにて、当大学情報コミュニケーション学部ジェンダーセンターと共催し、性犯罪被害防止に関するイベント、『暗黙の了解』ってアリ?~お互いを尊重する「性」とは~を実施しました。

講師には、ちゃぶ台返し女子アクションの大澤祥子氏をお招きしました。

本ワークショップは、情報コミュニケーション学部「情報コミュニケーション学(授業担当教員:細野はるみ教授)」の公開授業として行われ、学生、教職員の約50名が参加されました。

ワークショップでは、性交渉における同意のないストーリーを学生にロールプレイしてもらい、その後、グループで同意のあるストーリーについて検討したり、「同意」とは何かについて考えました。その過程で同意の重要性や性暴力について理解を深めることができました。

参加者からは、「自分の気持ちを押し付けず、相手の心情、状況を推し量る必要がいつでも大切だと思った」、「しっかり同意を得ていくことが自分や相手にとって必要不可欠だと気付いた」、「同意の定義や必要性にちて改めて認識することができた。」、「普段、話し辛いテーマも今回のワークショップでは適切に周りの人と話すことができてよかった」などの感想があり、皆、貴重な学びを得ることができました。

「学生相談室 ニュース一覧 2017年度」へ戻る

上へ戻る

明治大学 MEIJIUNIVERSITY

© Meiji University,All rights reserved.