【生田図書館GalleryZERO】明大考古学研究の原点-登呂遺跡・岩宿遺跡・夏島貝塚-

開催期間:2019年01月10日~2019年01月21日
明治大学 生田図書館事務室

明治大学の考古学研究の歩みは、1950年の文学部考古学専攻の設置と1952年の考古学陳列館の開館にはじまります。その後、日本列島全国各地で発掘調査を繰り広げ、徹底した遺跡・遺物の研究にもとづく歴史構築に邁進します。本展示では、明大の考古学研究の原点となり、歴史教科書でもおなじみの静岡県登呂遺跡(弥生時代)、群馬県岩宿遺跡(旧石器時代)、神奈川県夏島貝塚(縄文時代)の発掘当時の状況や出土品(レプリカを含む)を紹介します。

■会期:2019年1月10日(木)~ 1月21日(月)
■時間:(平日)9:00~19:00 (土曜)9:00~18:30 
     (日・祝及び1月19日(土))10:00~16:30
■会場:明治大学生田図書館 Gallery ZERO
 川崎市多摩区東三田1-1-1 TEL044-934-7945
 ※一般の方もご来場いただけます。お車でのご来校はご遠慮下さい
 <MAP>はこちら
■主催:明治大学博物館
■問合せ:明治大学博物館事務室 
                 TEL 03-3296-4448(代表) FAX 03-3296-4365

この記事に関連するページ

「イベント一覧 2018年度」へ戻る

上へ戻る

明治大学 MEIJIUNIVERSITY

© Meiji University,All rights reserved.