明治大学

インターネットで見る園山俊二展~家族・自然・冒険~

園山俊二展原画展

チラシ ダウンロード

展示概要紹介

ごあいさつ

園山俊二は、大学の漫画研究会連合による展覧会に、四年生の春に出品した一枚(おとぎ動物園)をきっかけとし、デビューしました。当時の交流のように、歴史ある大学漫研をもつ明治大学の施設で、早稲田漫研出身の園山作品を紹介していただけるご縁が嬉しく、また光栄に存じます。主催の明治大学米沢嘉博記念図書館をはじめ、関係各位に心より感謝いたします。

そのやま企画

はじめに

今年、2020年は、園山俊二の生誕85年、またTVアニメ「はじめ人間 ギャートルズ」の原作マンガ「ギャートルズ」の誕生55周年に当たります。園山はマンガ家生活を通して「がんばれゴンベ」を描き続け、子供に夢を与えるマンガを大切にした一方で、大人に向けて、原始時代を舞台におおらかで究極の自由を謳歌する「ギャートルズ」を描きました。「ペエスケ」では、毎日完結の四コママンガでありながら、数回で一つのエピソードを語るような、新聞マンガとしては珍しいほのぼのとしたファミリーマンガを展開していました。島根県松江市に育ち自然に関心をもっていた園山のマンガは、故郷の雰囲気に影響されているのか、やさしくて癒される絵が最大の特徴です。そんなやさしさあふれるキャラクターたちの家族のつながりや、さまざまな冒険の数々をご堪能ください。

展示基本情報

インターネットでみる 園山俊二展 ~家族・自然・冒険~
2020年9日25日(金)14時~ WEB公開
追加情報を順次UP! Twitterをチェックしてね!

~明治大学 学生、教職員のみなさまへ~
現在、明治大学に所属している学生、教職員のみ事前予約制にて館内で原画展を鑑賞することができます

  • ■会場
    米沢嘉博記念図書館1階展示室
    東京都千代田区神田猿楽町1-7-1
  • ■期間
    前期9月25日(金)-10月19日(月)
    後期10月31日(土)-11月20日(金)
  • ■事前にメールフォームから「所属、来館希望日時」をお知らせください
    来館可能日時…月金曜日14-20時、土日曜日、祝日…12-18時
  • ※必ず来館希望日時の3日前までにご連絡ください
  • ※火・水・木曜日は休館(祝日の場合は開館)
  • ※入場時間を調整させていただく場合がございます。

園山俊二(そのやましゅんじ)プロフィール

園山俊二

1935年4月23日、島根県松江市に生まれる。1954年4月に早稲田大学に入学。早大の漫画研究会創立に参加する。在学中から『毎日小学生新聞』に「がんばれゴンベ」の連載を開始し、子供マンガを多数描く。1962年、『国境の二人』の自費出版を境に大人マンガに進出し、1965年、『週刊漫画サンデー』に「ギャートルズ」を発表。原始時代マンガの代表作として、今でも大人気を博す。1970年前後から「気になるあの人」「花の係長」「さすらいのギャンブラー」といったマンガを多数連載するようになり、1979年に『朝日新聞』夕刊に「ペエスケ」の連載をはじめ、ペエスケ一家の飼い犬のガタピシが人気を呼ぶ。1993年1月20日永眠。1976年、「ギャートルズ」ほかで第22回文藝春秋漫画賞受賞。1977年、「がんばれゴンベ」で第 6回日本漫画家協会賞特別賞受賞。1993年、勲四等瑞宝章受章。

展示内容

作品コーナー

1がんばれゴンベ

クリックで1~10ページが読めます

『毎日小学生新聞』(毎日新聞社)
1958年7月1日~1992年7月8日

1958年の春に、有楽町そごうで開催された学生漫画連盟の展覧会に、当時早大生だった園山俊二は「おとぎ動物園」というマンガを出品しました。これが毎日小学生新聞の編集長の目にとまったことがきっかけとなって同年7月からデビュー作「がんばれゴンべ」の連載が始まりました。山奥から都会に出てきたおサルのゴンべが、明るくのびのびとした子供たちや動物たちと、四季を感じ、自然を感じながら元気に遊びまわるほのぼのとした作品です。
「がんばれゴンべ」は、園山がマンガ家生活を通して描き続けた作品です。大学卒業のタイミングで一度最終回となりましたが、読者からの反響が大きく、3か月後に再開されたり、世界一周の間も連載が継続されるなど、園山にとっても、ファンにとっても、思い出深く大切な作品になりました。

「がんばれゴンベ」表紙に注目!

2ギャートルズ

クリックで1~7ページが読めます

1.ギャートルズ 2~3.ギャートルズ 4~5.ギャートルズ 6~7.ギャートルズ

『週刊漫画サンデー』(実業之日本社)
1965年6月2日号~1975年4月12日号

横線を一本引くと、それは地平線になり、紙は広大な原野になります。この世界を舞台に、原始人たちがマンモスの群れを追っていく。これが園山俊二の代表作「ギャートルズ」です。また、原始時代が舞台の園山マンガは「地平線マンガ」ともいわれます。園山が大人マンガに目を向け始めたころ、『週刊漫画サンデー』に、当時の同誌としては破格の6ページを与えられました。これで大きな絵が使えるようになり、地平線が広がる原野がのびのびと描けるようになりました。これが「ギャートルズ」成功の大きな要因の一つです。園山の描く地平線は、何ものにも制限されない自由の象徴です。生きることすべてに命がけであるかわりに自由であった人間は、常に大自然と共にあったことを描ききりました。

ギャートルズ「山おやじ」に注目!

3ペエスケ

クリックで15回分が読めます

『朝日新聞』夕刊(朝日新聞社)
1979年1月4日~1992年6月27日

庶民の主人公の周りに、日々のニュースや話題をユーモアに包んで描くのが普通の新聞マンガだとすると、「ペエスケ」は新聞に掲載されている4コママンガでありながら、数日間かけて一つのエピソードを描いていくという新しいスタイルを打ち出すことで新境地を開き、ぺエスケ一家の日常を中心に据えながらも、ほのぼのと優しい、園山俊二ならではの世界を展開するようになりました。この変化のきっかけとなったのが、愛犬ガタピシが登場したこと。ガタピシはぺエスケの息子の平太とコンビで人気となり、ファンクラブが作られるほどになりました。

4さすらいのギャンブラー

クリックで1~4ページが読めます

1.さすらいのギャンブラー 2.さすらいのギャンブラー 3.さすらいのギャンブラー 4.さすらいのギャンブラー

『ビッグコミック』(小学館)
1969年4月25日号~1990年11月10日号

どんな事でもギャンブルのネタにしてしまう男。一瞬にして億万長者にも一文なしにもなるが、その時に手元にある金に応じた生活をすればいいだけ。金は博打で回っている。逆説的に金の縛りから解かれた自由人を描く、現代版「ギャートルズ」ともいえる作品です。会社や家庭に追われる中で、小さな自由を見いだしていくサラリーマンマンガとは正反対の視点から描かれています。

5花の係長/気になるあの人

クリックで1~4ページが読めます

1.花の係長 2.花の係長 3.花の係長 4.花の係長

花の係長
『週刊ポスト』(小学館)
1969年11月14日号~1982年3月12日号

クリックで1~4ページが読めます

1.気になるあの人 2.気になるあの人 3.気になるあの人 4.気になるあの人

気になるあの人
『女性セブン』(小学館)
1968年1月1日号~1980年10月30日号

「花の係長」は、綾路地(あやのろじ)家の生活をユーモラスに描いた作品です。またこの作品と「気になるあの人」とは姉妹作で、「花の係長」は夫目線から、「気になるあの人」は妻目線からと、男女それぞれの目線から描くという珍しい連載となっていました。
夫の麻朱磨呂(ましゅまろ)は、華族の家系であることを除けば、社内での評価を気にし、ボーナスに歓喜し、若い娘に惹かれることもある俗っぽい欲を持つ普通のサラリーマンで、妻のヨッコも社内結婚して家庭を守る普通の主婦です。ちょっと変わってるけれど、庶民のささやかで幸せな生活。そんな園山サラリーマンマンガの代表作です。

6園山俊二の絵本

クリックで大きな画像が表示されます

ガタピシ 平太とガタピシのなが?い一日

『ガタピシ 平太とガタピシのなが~い一日』
(朝日新聞社)
1988年6月10日

ガタピシⅡ ガタピシ、父に会う

『ガタピシⅡ ガタピシ、父に会う』
(朝日新聞社)
1988年12月24日

火星へシルクハットを(復刻版)

『火星へシルクハットを(復刻版)』
(岩崎書店)
2018年4月30日刊

この中の一冊の、「火星へシルクハットを」は、園山が初めて描いた絵本で、人類が火星で、火星の生き物に遭遇するというSFチックな話です。ベルリンの壁が築かれたり、キューバ危機が起こったり、ベトナム戦争や中東戦争、核実験なども行われていた時代に描かれ、テーマは平和や友好です。
これに対して残りの二冊は、「ぺエスケ」に登場する少年・平太と愛犬・ガタピシが活躍する物語で、小さな冒険や家族の絆を描いています。
「ガタピシ絵本」の二巻目「ガタピシ、父に会う」の原画を展示しました。園山の特徴である線のやさしさ、そしてぬくもりのある色彩。そこから絵に包み込まれる感覚を感じていただけるのではないでしょうか。

原画で読むガタピシ絵本

7園山俊二の子供マンガ

クリックで1~8ページが読めます

1~2.やまいも先生 3~4.やまいも先生 5~6.やまいも先生 7~8.やまいも先生

「やまいも先生」
『たのしい三年生』(講談社)
1961年12月号

園山マンガの原点は子供マンガです。
「がんばれゴンべ」でデビューから数年間は、「オイチニぼうや」「かみなりゴロスケ」といった子供マンガを描いていました。その中で園山は、先生が主人公の作品を二作品発表しました。いたずら好きの元気のいい子供たちがいて、優しい、理解のある大人が見守るような、正統派の子供マンガです。島の学校に勤務する「海がめ先生」と山の学校の「山いも先生」。海と山に分かれていますが、どちらも田舎に赴任した先生が人間的な魅力で村の人たちも巻き込みながら、自然に囲まれた環境の中で、生徒と楽しく交流する姿が描かれています。

8園山俊二の短編(大人)マンガ

クリックで1~16ページが読めます

1.大レース 2.大レース 3.大レース 4.大レース 5.大レース 6.大レース 7.大レース 8.大レース 9.大レース 10.大レース 11.大レース 12大レース 13.大レース 14.大レース 15.大レース 16.大レース

「大レース」
『漫画読本』(文藝春秋)
1970年6月号

クリックで1~5ページが読めます

1.ノイローゼにはタイム・トラベルをどうぞ!! 2.ノイローゼにはタイム・トラベルをどうぞ!! 3.ノイローゼにはタイム・トラベルをどうぞ!! 4.ノイローゼにはタイム・トラベルをどうぞ!! 5.ノイローゼにはタイム・トラベルをどうぞ!!

「ノイローゼにはタイム・トラベルをどうぞ!!」
『別冊小説新潮』(新潮社)
1976年1月15日冬号

考証がしっかりとしたリアリズムを売り物にしている作品もありますが、一風変わった視点から作り事の世界を見せてくれるのがマンガの魅力の一つです。
園山は「作り事の世界」の名手です。それは子供マンガよりも大人マンガで発揮され、常識に反したスケール感で、奇抜なアイデアにあふれ、なおかつ痛快な風刺が効いています。時間と空間を超えた多種多様な世界を舞台に、ほの寂しさをまとった意外な結末や、おどけたヒーロー、ヒロイン像。子供マンガには見られなかった、現代人のあからさまな欲望。そして「ギャートルズ」や「さすらいのギャンブラー」などの連載作品ではない、読切の短編作品に多くの傑作を残しています。

園山俊二が廻った国々

クリックで大きな画像が表示されます

園山俊二が廻った国々

園山俊二が廻った国々

松江と園山俊二コーナー

クリックで解説が表示されます

松江で生まれ育った「園山俊二」と園山俊二の会/園山俊二さんの年譜

松江で生まれ育った「園山俊二」と園山俊二の会/園山俊二さんの年譜

園山俊二による松江市関連のイラスト

クリックで大きな画像が表示されます

松江マンガ地図

松江マンガ地図

松江の有名人

松江の有名人

ゴンベのなんでもかんでも がんばれゴンベはどうして生まれたかの巻1

ゴンベのなんでもかんでも
がんばれゴンベは
どうして生れたかの巻1

園山俊二でまちを元気に

クリックで解説が表示されます

園山俊二でまちを元気に

島根県松江市の紹介
松江市は、中国地方、島根県の県庁所在地です。人口約20万人の城下町。
宍道湖、堀川と水を親しむ町です。松江城は、2015年7月、天守が全国で5番目の国宝に指定されました。
また、ラフカディオ・ハーン(小泉八雲) が住んだ町としても有名です。

展示室の様子

展示室の様子

現在、明治大学に所属している学生、教職員のみ事前予約制にて来館を受付しています
詳しくはこちら

▲ 感想はこちらから ▲

送信された内容は当館広報に使用する場合があります
全ての感想をご紹介するものではありません

この展示へのお問合せは
明治大学 米沢嘉博記念図書館
〒101-8301
東京都千代田区神田猿楽町1-7-1
TEL 03-3296-4554