学科紹介

電気電子生命学科 生命理工学専攻

Keywords
キーワードから学科を探す

#AI・データサイエンス

幅広い分野で価値を創り出し続けるAI技術

目覚ましい発展と共に多くの場面で活用されているAI技術とデータサイエンス。モノゴトを識別するAIから未来の事象を予測するAIまで、その発展はデータサイエンスの注目度も高め、産業や医療・教育など様々な場面で多くの新たな価値を創り出しています。

関連する学科・専攻

幅広い分野で価値を創り出し続けるAI技術

目覚ましい発展と共に多くの場面で活用されているAI技術とデータサイエンス。モノゴトを識別するAIから未来の事象を予測するAIまで、その発展はデータサイエンスの注目度も高め、産業や医療・教育など様々な場面で多くの新たな価値を創り出しています。

キーワードから学科を探す

#VR・プログラミング・ゲーム

ゲーム業界に留まらず活躍の場を広げるVR

近年ゲーム・SNS業界などエンターテインメント分野で大きな活躍を見せているVR。活躍の範囲はゲーム業界に留まらず、医療リハビリや工場での作業訓練、災害の疑似体験、教育など範囲を広げています。最近ではVR仮想空間「メタバース」にも注目が集まっています。

関連する学科・専攻

ゲーム業界に留まらず活躍の場を広げるVR

近年ゲーム・SNS業界などエンターテインメント分野で大きな活躍を見せているVR。活躍の範囲はゲーム業界に留まらず、医療リハビリや工場での作業訓練、災害の疑似体験、教育など範囲を広げています。最近ではVR仮想空間「メタバース」にも注目が集まっています。

キーワードから学科を探す

#ロボット

多様な場面で人の日常を支えるロボット技術

高い技術力が活かされたヒューマノイドや産業用ロボットをはじめ、日常生活を支援する様々なロボットが日々開発されています。警備、災害地作業、医療福祉、コミュニケーションなど、ロボットの研究開発は多様な方面から推進されています。

関連する学科・専攻

多様な場面で人の日常を支えるロボット技術

高い技術力が活かされたヒューマノイドや産業用ロボットをはじめ、日常生活を支援する様々なロボットが日々開発されています。警備、災害地作業、医療福祉、コミュニケーションなど、ロボットの研究開発は多様な方面から推進されています。

キーワードから学科を探す

#ヘルスケア・スポーツ

情報技術を掛け合わせ発展を続けるヘルスケア

高齢化が加速し健康寿命の延伸が社会課題となる一方で、個人レベルでも健康意識が高まっています。AIやデータサイエンス、VRなどを活用することで、リモート医療や一人ひとりに合わせたテーラーメイド健康支援技術など更なる発展が期待されています。

関連する学科・専攻

情報技術を掛け合わせ発展を続けるヘルスケア

高齢化が加速し健康寿命の延伸が社会課題となる一方で、個人レベルでも健康意識が高まっています。AIやデータサイエンス、VRなどを活用することで、リモート医療や一人ひとりに合わせたテーラーメイド健康支援技術など更なる発展が期待されています。

キーワードから学科を探す

#ライフサイエンス・創薬・コスメティクス

科学技術で生活をより豊かにするライフサイエンス

少子高齢社会や生活環境向上を背景に、活性化している医薬・ライフサイエンス業界。再生医療や創薬、がんの新しい診断方法や治療法の開発など研究成果を社会に還元し、健康で豊かな生活の実現の寄与に期待が高まっています。

関連する学科・専攻

科学技術で生活をより豊かにするライフサイエンス

少子高齢社会や生活環境向上を背景に、活性化している医薬・ライフサイエンス業界。再生医療や創薬、がんの新しい診断方法や治療法の開発など研究成果を社会に還元し、健康で豊かな生活の実現の寄与に期待が高まっています。

キーワードから学科を探す

#脳・感性・アート

人間らしい情緒豊かな社会を追求するための脳科学と感性工学

テクノロジーの急速な進展により「人間らしさ」のカギを握る要素として注目が集まる「脳」と「感性」。より豊かで情緒あふれる社会をつくるため、脳科学と感性工学は、ロボットや素材、建築、アートなど幅広い分野で展開され、重要度が高まり続けています。

関連する学科・専攻

人間らしい情緒豊かな社会を追求するための脳科学と感性工学

テクノロジーの急速な進展により「人間らしさ」のカギを握る要素として注目が集まる「脳」と「感性」。より豊かで情緒あふれる社会をつくるため、脳科学と感性工学は、ロボットや素材、建築、アートなど幅広い分野で展開され、重要度が高まり続けています。

新しい医療技術と健康科学を学び、生命にかかわる多くの分野に貢献できる力を育みます。

電気電子工学技術の進歩は、分子から個体レベルまで、目に見えない生体活動を観測する機器を生み出し、医療や生命科学研究に大きな発展をもたらしています。
生命理工学専攻では、医工学・脳神経科学・ナノバイオテクノロジー・創薬科学などの、電気電子工学と医療・生命科学との融合領域の研究を推進し、新しい医療技術ならびに健康福祉工学の分野で活躍する最先端の人材を育成します。

生命理工学専攻
生命理工学専攻
  • 学科の特色

    1. 分野を超えた知識同士を結びつけ、新しい視点を体得する

      電気電子工学をベースに、生体医工学・脳神経科学・ナノバイオテクノロジー・創薬科学など分野を超えて学ぶことで新しい視点を培います。

    2. 多彩な専門科目から、自分のやりたいことを見つけ、深める

      多くの専門科目から、自分の興味に合わせて一つの分野を集中的に学んだり、複数の分野を横断的に学び、学修を進めることができます。データサイエンス・AIについても積極的に取り組めます。

    3. 電気電子工学技術に加え、生命科学の知識を生かし活躍する場を広げる

      生命科学と電気電子工学の両方の知識をいかし、医療・健康福祉機器の開発職や、ライフサイエンスの産業応用を推進する技術者・研究者としての活躍が期待されます。

  • 先輩のインタビュー

    興味の先に知り得た、脳科学を学びたい。

    電気電子生命学科 生命理工学専攻 萩原水帆
    電気電子生命学科 生命理工学専攻 萩原水帆