【生田VC】生明祭で科学実験教室を開催しました

2013年12月01日
明治大学

生田ボランティアセンターは、生明祭期間中の11/23,24に、科学実験教室 「極低温・超伝導の世界を体験しよう」 を開催しました。

晴天に恵まれた生田キャンパスの屋外ブースで、液体窒素を使った2つの実験を行い、理工学部、農学部の5名の学生が講師役として活躍しました。

通りがかった来場者の方々は、興味深く足をとめられ、実験の様子に見入ったり、説明をきいて考えたり、質問したりと、盛況な催しとなりました。

来場者は子どもからご高齢の方々までとても幅広く、安全メガネを着用してご参加いただきました。さまざまな反応がありました。
柔らかいゴムボールが極低温となりカシャーンと割れる音、段ボール空気銃が繰り出す、煙銃の冷気に驚いたり、風船の中にとじこめられた空気が、縮みながら気体から“液体”へ変わり、そして膨らみながら気体に戻っていく様子をじっと観察したり。学生たちはそのさまざまな反応を生かして、後半になるほど、実際に触ってもらったり、叩いてもらったり、実験の前と後とで変化を比べてもらったりと、来場者の五感に訴える工夫を増やしていきました。

学生にとっても実りある充実した機会となりました。

問い合わせ先

明治大学 生田ボランティアセンター
044-934-7547

「ボランティアセンター ニュース一覧 2013年度」へ戻る

上へ戻る

明治大学 MEIJIUNIVERSITY

© Meiji University,All rights reserved.