2016年12月18日にセンター共催シンポジウム「土器を掘る」が開催されました

2017年01月11日
明治大学 研究・知財戦略機構

 2016年12月18日(日曜日)に、センター共催シンポジウム「土器を掘る」が、明治大学駿河台キャンパスグローバルホールにて開催されました。
 熊本大学の小畑弘己研究室が進めている土器圧痕研究と連携し、縄文土器に内在する様々な情報を取り出して、当時の社会や文化を考える視点が提示されました。センターからは、阿部センター長、佐々木由香センター員が参加し、それぞれの研究成果を発表しました。
 最先端の分析技術の紹介や、土器から得られた多様な情報をどのように理解すべきか、白熱した議論が交わされました。当日は86名のご参加をいただきました。

シンポジウムの様子シンポジウムの様子

発表者発表者

配布資料表紙配布資料表紙

「黒耀石研究センター ニュース一覧 2016年度」へ戻る

上へ戻る

明治大学 MEIJIUNIVERSITY

© Meiji University,All rights reserved.