入学試験の主な変更点について

2017年度入試の変更点

法学部

【一般選抜入学試験】
法学部一般選抜入学試験の一部変更について

【特別入学試験】
(1)学士入学試験
現行の試験科目のうち「外国語」(英語・ドイツ語・フランス語のうち1か国語)を廃止し、「小論文」と「面接」で実施します。
(2)社会人特別入学試験
出願資格のうち、学部別要件に定める年齢を「50歳に達する者」から「30歳に達する者」に変更します。これに伴い、「マスターズ入学試験」の名称を廃止します。
また、現行の試験科目に「外国語」(英語・ドイツ語・フランス語・中国語・スペイン語のうち1か国語)を追加し、「書類選考」、「小論文」、「面接」とあわせて実施します。なお、「外国語」については、外国語資格・検定試験を活用し、「外国語」の試験を免除することがあります。

商学部

政治経済学部

帰国生特別入学試験に代わる「グローバル型特別入学試験」の導入について


【2017年度大学入試センター試験利用入学試験(後期日程)募集停止について】
政治学科及び経済学科において実施している、大学入学センター試験利用入学試験(後期日程)について、2017年度入試(2017年4月入学)から学生募集を停止します。
なお、それぞれの学科で実施している、大学入学センター試験利用入学試験(前期日程3科目方式及び7科目方式)については、これまで通り募集します。

経営学部

2017 年度入学試験(2017 年4 月入学)より、一般選抜入試の一部に英語資格・検定試験を活用します。
経営学部一般選抜入試における「英語4技能試験活用方式」の実施について



情報コミュニケーション学部

【一般選抜入学試験B方式の廃止と選択受験科目の追加について】
2017年度入試(2017年4月入学対象)から、一般選抜入学試験B方式を廃止します。2017年度入試から一般選抜入学試験の選択受験科目(『地理歴史』、『公民』、『数学』)に新たに『情報総合』を加えます。

国際日本学部

2018年度入試の変更点

商学部

【一般選抜入学試験における英語4技能試験利用方式の導入について】
2018年度入学試験(2018年4月入学)より、一般選抜入試において、英語4技能試験利用方式を導入します。

2018年度商学部一般選抜入学試験について

国際日本学部

【一般選抜入学試験における外部英語検定試験の活用について】
2018年度入学試験(2018 年4 月入学)より、一般選抜入試の一部に英語資格・検定試験を活用します。
国際日本学部一般選抜入試における英語資格・検定試験の活用について

【海外就学者特別入学試験の募集停止について】
2018年度入試(2017年度実施)から、「海外就学者特別入試」の学生募集を停止します。
なお、今後は2017年度に導入する「国際日本学部イングリッシュ・トラック入学試験」の出願を検討してください。

Top of page

上へ戻る