分科会 弥生文化研究会

 弥生時代は、水田稲作の伝来から邪馬台国の時代まで。日本が東アジア世界に登場した時代でもあり、今日の日本文化の基層を作り上げた重要な時代である。
この会では、(1)毎月の研究会でテキストを読み討論し、(2)第一線の先生方との交流、(3)明大博物館の弥生遺物の直接観察、(4)年2回、弥生遺跡を巡るフィールドワーク等を通し、弥生文化を眼と耳と足で確かめるなど多角的・複眼的視野から日本の基層文化を追求しています。基本は、皆で楽しみながら弥生文化を学ぶことを目指しています。
例会
毎月第2水曜日 13時30分~16時30分
場所
博物館教室
顧問
忽那 敬三 明治大学博物館学芸員

問い合わせ先

明治大学博物館友の会
分科会へ入会希望の方、見学を希望される方は、希望される分科会名と入会希望または見学希望とご記入のうえ、下記へはがきまたはメールでご連絡下さい。

ご希望された方には各分科会よりご案内します。
(現在、募集を行っていない分科会もあります。)
※分科会に正式に入会された方は、明治大学博物館友の会に入会していただきます。(必須条件)


【はがき】
〒101-8301 東京都千代田区神田駿河台1-1
明治大学博物館友の会

【メール】
meihakutomonokai★yahoo.co.jp
(上記アドレス中、★を@に置き換えてご利用ください。)

上へ戻る

明治大学 MEIJIUNIVERSITY

© Meiji University,All rights reserved.